乳輪縮小後 キズ痕 アートメイク & バスト増大因子注射
本日ご紹介の患者さんは他院にて乳輪縮小術をお受けになられるも戻ってしまい効果なくそのキズが気になるということと他院にて乳房インプラントを留置されるも硬縮をおこされたため抜去して代わりに脂肪移植豊胸術をご希望されました。

よってインプラント抜去後 即日に脂肪移植豊胸術、 乳輪縮小術をお受けになられました。


今回乳輪縮小後のキズが気になられる とのことで 乳輪縮小術後のアートメイクをお受けになられました。

またバストの自己組織を幹細胞増殖因子注射でより増やしたいとのことでバスト増大因子注射もお受けになられました。


上段:アートメイク施術前です
下段:アートメイク施術後、バスト増大因子注射後約半年再診時です
d0092965_0244588.jpg


バストはワンカップアップしたとことで御感想は「満足(4/5)」と順調な経過です
d0092965_0252778.jpg


またの御来院をお待ちしております。
[PR]
by shirayuribeauty | 2016-11-21 00:06 | 美容外科
<< ヒッププロテーゼ(豊尻術) 頬骨V字骨切術 、 エラ骨骨切... >>