骨法の思ひ出 : 側頭部頭蓋削り、他院後頭部アパタイト術後修正 術後3か月
本日は2015年に日本武道傳骨法創始師範の堀辺 正史氏がお亡くなりになられた日になります。

今から思い起こすこと30年前 まだ紅顔!?の中学生だった私は中学校からの帰宅途中にある日東中野駅から見える「骨法」と大きく書かれた看板をもつ武道場に「なんだろう!?」と興味をひかれ、いつのまにか通学の帰りや自宅から自転車をキコキコこいで通っていました。

運足としてカニ歩きの練習をしたり、九十九里浜でおこなった夏合宿ではなぜか道場内試合に出場させられ中学生部で優勝し「もっと体を大きくしてもっと強くなるんだぞ」といわれ 優勝品として拝領したのがなぜか 赤ちゃん用の粉ミルクだったのが懐かしく思い出されます。

当時指導員として廣戸 聡一氏と最上 晴朗氏がおり彼らの動きといい強さといいそれは中学生の自分にとっては雲の上の存在でした。廣戸氏はその風貌から中学生の道場生の間では「ジャッキーチェン」と呼ばれていました。


金的(睾丸)つぶしを一生懸命練習するなど武術性はあったとは思うのですが指導員が練習中の睾丸破裂の事故にあったり、他にも独特の異様な雰囲気が自分はなじめずそのうちに道場に顔をださなくなってしまいましたが 先日 昨年堀部師範がお亡くなりになった事実を知って当時の思いがよみがえり寂寥たる思いであります。

色々な評の多い堀部師範でしたが、一つ言えることは堀部師範の「管理社会に風穴をあける運動体でありたい」という一文は当時中学生だった自分およびその後の人生に影響を与えたと思うのです。

骨法 堀部師範に 黙祷





今日は22年前にソビエト連邦が解体されロシア共和国が独立した日ですが、ソビエトからロシアになっても北方領土はいまだ返還されずシベリア抑留に対する謝罪もありません。

23years ago on December 26th 1993, the Union of Soviet Socialist Republicscollapsed, and the Russian Federation was established. Regardless of this massive change, the Kuril Island dispute (also known as the Northern Territory dispute in Japan) remains unsolved,nor have there been any form of apology expressions regarding the Japanese detainees at the Siberian labor camp.

奇しくも12月26日は1956年 にシベリア抑留からの引き揚げ船である興安丸最後の一便が舞鶴港に入港した日でもあります。

Coincidentally, the same day in 1956 was the last day of service for the Kouan-maru. This was the ship that transported Japanese war prisoners and internees back to Maizuru,near Kyoto, Japan. These internees were once captured by the Soviet Union for forced labor inSiberia, as mentioned above.

スターリンが抑留命令を出した8月23日をシベリア抑留記念日とするという考えもありますが、個人的には過酷なシベリアでの抑留を経て、生存した最後の日本人が本土に引き上げてこれたこの日を政府にはシベリア抑留追憶記念日として制定して頂きたく思っています。

Some consider the memorial day for Japanese war prisoners in the SovietUnion is August 23rd. Joseph Stalin mandated Japanese prisoners to Siberia under theimmediately after World War II ended on August 23rd, 1945. I personally hope for the Japanese Government to consider December 26th as a national day in remembrance of those Japanese who suffered in Siberiaafter World War II.



本日ご紹介の患者さんは
既往として他院にて後頭部アパタイト形成術をお受けになられるも凹凸が気になるのでそれを整えてほしい、 また側頭部のでっぱりを改善したいとのご希望でご相談にこられました。


上段:術前です
下段:術後3か月再診時です
d0092965_459072.jpg

御感想は「8割満足。 フェイシャルバンドを外してから左側の前方と後方の張りが気になってきた。」とのことで「満足(4/5)」とのことでした。
医学的には順調な経過です。

レントゲンです
上段:術前です
下段:術後3か月再診時です
d0092965_4591013.jpg

側頭部の骨が薄くなっているのがわかります。
限界まで削っています。

またの御再診お待ちしております。


先日お心遣いをいただきました。
d0092965_545414.jpg

ありがとうございます。 どうか御気を遣わないでください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2016-12-26 06:11 | 美容外科
<< 脚延長術 (ディバスティアーニ... 他院鼻尖縮小術修正: 鼻孔縁延... >>