陰核増大術、ミニペニス形成術、 和田先生の遺品
今日は1923年 に関東大震災がおきた日になります



本日ご紹介の患者さんは性同一性障害の患者さんで陰核を増大したい、 増大した陰核をペニスのように前方に突き出したいとのご希望でご来院された患者さんです。

尿道機能付きのペニス形成もご提案させていただきましたが「そこまでは希望していない」とのことで患者さんのご希望どおり脂肪移植による陰核増大術、ミニペニス形成術を行いました。


上段:術前です
下段:術後約半年再診時です
d0092965_0301674.jpg

画像は一部ボカシをいれています。

御感想は「大満足(5/5)」と順調な経過です。




先日 知り合いの先生より 日本の民間性転換手術の祖とされる和田 耕治先生の手術器具を譲り受けました。 私のような者が日本の性転換医療における歴史的偉人の方の器具を譲り受けてよいのか悩みましたがお引き受けさせていただきました。
d0092965_0412684.jpg

深謝します。 これらの道具に再び魂がこもるように尽力させていただけることを願っています。

今でも時々 わだ形成クリニック で手術を受けました とおっしゃる患者さんに出会い 和田先生の存在を感じます。 
権威とは無縁で在野の一外科医として多くの方々のために頑張られた和田先生に敬意を表します。

私のいくつかの宝物のうちの一つにさせていただきます。
[PR]
by shirayuribeauty | 2016-09-01 00:25 | 美容外科
<< 頬骨再構築  術後 7年   ... レーザー鼻尖縮小術、 鼻孔縁拳... >>