他院乳房インプラントバッグ入れ換え術 ( 190cc→ 345cc) 術後半年
今日は「ラバウル海軍航空隊」という軍歌で有名なあのラバウル(現:パプアニューギニア領)にて1942年オーストラリア軍を駆逐した日です。
Some may know Rabaul from a Japanese martial tune "Rabaul Air ASW Squadron".
On January 23rd 1942, Japan eliminated Australian forces and took over Rabaul (current Papua New Guinea territory)
ラバウル航空隊は大戦初期には連合軍との空戦において損害率15対1という圧倒的 な強さを誇ってました。しかし、ソロモン海でのガダルカナル島をめぐる戦いで 、連日往復2000キロもの長距離飛行を強いられ、その激しい疲労で貴重な熟練搭 乗員と機体のほとんどを失い、連合軍に敗北し「ラバウル海軍航空隊」の楽譜とレコードがラバウルに届いたのは航空隊撤退後となった悲しい最強航空隊です。
The Japanese Air ASW Squadron of Rabaul was known for the high ratio of damage to
the allied nations in air combat tactics during the early months of the Pacific War (The ratio was said to be 15 to 1). But the Air ASW Squadron gradually suffered from fatigue during the battles over the Guadalcanal of Solomon Islands. Lots of highly skilled pilots and fighter planes made flights of 2000km repeatedly. As the result, they grew extremely tired and payed the ultimate price. Although the Air ASW Squadron of Rabaul had overwhelming potential, they were defeated in such a stark status.

To cheer on the fleet, a martial song "Rabaul Air ASW Squadron" was created.
But, the squad never received records or music of it before retreating from Raubal.





本日ご紹介の患者さんは他院にて数年前に人工乳腺豊胸術をおうけになられて最近になってややボコボコ感を感じる、硬く感じるとのことで入れ替え術をご希望された患者さんです。

触診上バッグは拘縮しており確かに不自然でした。 施術をお受けになられた医院での入れ換えをお勧めしましたが当院での施術をご希望されご依頼を受諾しました。


190ccのCMCバッグを抜去し、345ccのアナトミカル,textured,シリコンバッグを留置しました。

左:術前です。         右:術後約半年再診時です
d0092965_2581367.jpg

御感想は「だいぶ柔らかくなって問題ありません」とのことで「大満足(5/5)」と順調な経過です。

またの御来院をお待ちしております。




他院豊胸バッグ入れ替え例  1

他院豊胸バッグ入れ替え例  2
[PR]
by shirayuribeauty | 2016-01-23 04:38 | 美容外科
<< 他院小鼻縮小術後醜状痕修正  ... MEN'S 脱毛 (男... >>