二重の幅を狭くする手術
本日ご紹介の患者さんは二重の幅を狭くする手術をお受けになられた患者さんです。
術後約1年の時点で追加修正手術を行っています。

上段:術前です。
下段:二重の幅を狭くする手術 追加修正術後約4か月再診時です
d0092965_538341.jpg

幅を狭くするのに脂肪組織の使用および吊り上げ術を行っています。
アフターケアとしてはレーザーや炭酸ガス注射等行っています。

アフターケアにてずいぶん改善してきましたが目に力をいれると左目のラインがやや不整になるとのことでアフターケア中です。   二重幅そのものは狭くなり順調な経過です。 

またの御来院をお待ちしております。



当院では二重幅を狭小化する際の軟部組織として婦人科組織(例:大陰唇脂肪 等)を利用することが多いですが怪訝に思う方々が多いようなのでここに明記しておきます。

学術的背景としてはすでに

Aesthetic Plast Surg. 1994 Fall;18(4):383-5.
Use of pubic fat as a graft for eyelid defects.
McKinney P, Pandya S.

という論文にすでに先人が発表しており陰部の脂肪が眼窩脂肪と組織学的に類似していて微細な形成に適していることが報告されています。


「大陰唇の脂肪を目に移植するなんて聞いたことがない!」と言い放った医師が最近いたとかいないとか・・・もしいたとしたら単にその医師が不勉強なだけでしょう。 無知の知の謙虚さを知らない者はただの傲慢な裸の王様です。



当院では婦人科手術が非常に多い経験から小さなキズから適切に脂肪・真皮脂肪組織を主とした軟部組織の摘出し各種移植組織として用いてます。
d0092965_2425582.jpg

 (大陰唇脂肪摘出例:macro(肉眼)的にも眼窩脂肪に似ているのがわかります)



長所は創がほとんどわからなくなる点であり短所は患者さんにとってはそのような提案をされればセクハラのように不快に感じる可能性があり、 医師にとっては誤解され後日法的問題につながりかねない点になります。



また目の手術全般にいえることですがリスクとして
・結果が気に入らない
・キズが気になる
・CRPS(複合性局所疼痛症候群)を発症し長引く痛みに悩まされる可能性

があります。
CRPSは患者さん、外科医双方にとって非常に深刻な問題です。 外傷をきっかけとして発症するとされている疼痛症候群ですが発症の予防法は現在のところ確立されておらず治療法も決定的なものはありません。
女性の方が発症確率が高く、発症率は2万件に1件、罹患率は5000人に1人と言われています。

採血の針刺しだけでもCRPSを発症し医療裁判に至った例(大阪大学)が報告されています。

美容外科手術はたとえプチ整形でもリスクがあることを患者さん、および美容外科医療に従事する医師達には知ってほしいと思いますし学会でも万が一発症の際の共済基金の設立等を協議していただきたいと思います。

また安易な美容外科医療処置は厳に戒めるべきことだと思います。
私が美容外科医療の広告に対していまだに嫌悪感があるのはこれが一因です。

すなわち、統計確率的に全身麻酔は7万件に1件の死亡事故、CRPSは2万件に1件の発症率が厳然として存在しうるのに身体に侵襲を加える美容医療を「安全」「安心」なものとして広告するのは一般大衆に対する詐欺行為だと思うのです。

と 思いつつも そのリスクをきちんとご説明してご納得してご自身の人生が好転するとご判断され成人の方のご判断で施術を御判断されるのであればそれはそれで助力になれればと思うのも事実です。
[PR]
by shirayuribeauty | 2016-01-06 05:34 | 美容外科
<< 鼻中隔延長術, 鼻プロテーゼ,... ハイブリッドリフト,顎先および... >>