下顎骨下縁スティック骨切術 , 顎先骨切術 術後半年
今日は1904年 に日露戦争の旅順攻囲戦で日本軍が203高地を占領した日になります。
111years ago from today, on December 5th 1904, Japanese troops fought aheroic battle taking over 203 Meter Hill during the "Seige of Port Arthur"(August 1st 1904 to January 2nd 1905), a chapter in the Russo-Japanese War.

これによって203高地からの砲撃で旅順港停泊中のロシア東洋艦隊を壊滅させることができました。
As a result of this battle, Japanese troops were able to wipe out the Russian fleet which had been anchoring in Port Arthur harbor, by bombarding them from atop the 203 Meter Hill.

1980年に東映系で公開された「二百三高地」(にひゃくさんこうち)は名画だと思います。観た事のない方は是非一度はごらんになられることをお勧めします。
I personally think the movie "The Battle of Port Arthur" (1980) is a masterpiece, and would highly recommend watching it for those who haven't seen it yet.




本日ご紹介の患者さんは顎先を「あまり尖りすぎず かといって丸顔になりたくない」とのご希望でカウンセリングの結果 スティック骨切術 および 顎先骨切術をお受けになられた患者さんです。


左:術前です        右:術後約6か月再診時です
d0092965_2275522.jpg

御感想は「もう少し短くしても良かったかなぁと思います」とことで「大満足~満足(4.5/5)」と順調な経過です。

またのご来院をお待ちしております。
[PR]
by shirayuribeauty | 2015-12-05 00:23 | 美容外科
<< 他院Vライン形成術後修正、 ア... 下顎骨スティック骨切術 術後半年 >>