他院顎プロテーゼ抜去 後  顎先アパタイト形成術
本日ご紹介の患者さんは数年前に他院にて顎プロテーゼ留置術をお受けになられた既往のある患者さんです。 今年に入ってから 「出っ張りがあり 最近むずむずする 右端がでっぱってきている 皮膚からでてきそう」とのことでご相談にお越しになられました。

元執刀医により修正手術のお勧めをしましたがすでに 段がでて調子が良くなく入れ直し手術をうけたとのことでカウンセリングの結果 当院での他院顎プロテーゼ抜去 後  顎先アパタイト形成術のご依頼をお引き受けすることとしました。


左:術前です                 右: 術後約3か月再診時です
d0092965_3541141.jpg


プロテーゼを除去したところプロテーゼのあったところの骨は凹みプロテーゼを囲むように骨が盛り上がっていました。 それらを骨ヤスリ等で調整しアパタイト(リン酸カルシウムからなる人工骨)を留置しました。
今回の再診では外観上はわかりませんが触れると顎下部分に気になるアパタイトの凸があるとのことでした。
通常術後半年経つとアパタイトの凸は滑らかになりますがもしあと3か月経てもまだあるようでしたら調整を行う予定です。

またのご来院をお待ちしております。




先日お心遣いをいただきました。
d0092965_1161536.jpg

ありがとうございます。
[PR]
by shirayuribeauty | 2015-11-21 00:43 | 美容外科
<< 他院Vライン形成術後修正、 他... 他院鼻孔縁延長術 術後修正術、... >>