A cell:細胞外マトリクスを用いた 目頭キズ痕修正 (凹み修正)
今日は1944年 に米軍が沖縄初空襲を行い那覇市の9割が焼かれ548人が亡くなられた日になります。



本日ご紹介の患者さんは某院にて目頭切開形成術をうけたのち 変になったとのことで有名な形成外科医にて蒙古襞再生術をお受けになられるも目頭部分の凹みが気になるとのことで フラクショナルレーザー治療を4回お受けになられるもこれ以上変わらなそうだとご判断され当院にご相談にこられた患者さんです。


カウンセリングの結果 A cell:細胞外マトリクス を用いた 目がしら部分の凹み改善 施術をお受けになられることとなりました。

細胞外マトリックス(Extracellular Matrix)とは生命体おいて、細胞の外に存在する超分子構造体を表し、キズが治る際の組織の足場となったり増殖因子の保持・提供を行う物質です。


上段:術前です(赤丸で囲った部分が気になるへこみ部分です)
下段:術後約10か月再診時です
d0092965_225117.jpg

ずいぶん良くなられました。

またのご来院をお待ちしております。


先日お心遣いをいただきました。
d0092965_2541421.jpg

ありがとうございます。 どうかお気を遣わないでください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2015-10-10 00:25 | 美容外科
<< のど仏切除術 術後約1年 絶壁修正術 : 後頭部アパタイト >>