婦人科専用レーザー機械 Aphrodite:アフロディーテ のご紹介
本日8月3日は1944年にテニアン島守備隊が玉砕した日になります。

今日は1957年 に米軍機母子殺傷事件 が起こった日です。
当時茨城県にあったアメリカ軍水戸補助飛行場から離陸した米軍機が上昇せず、滑走路東端から500mはなれた道路を自転車で走行していた親子に機体が接触し、母親は胴体を切断され即死、息子も腹部に重症を負ったという事件でした。たびたび米軍が低空飛行をおこなって通行人を驚かすいたずらをしていたためその延長線上の事件として地元市議会は米軍に抗議文を提出し、茨城県警もパイロットを業務上過失致死及び同傷害で水戸地検に書類送検し任意出頭を求める事態にいたりましたが、アメリカ軍の公務中に起きたものであるとして、日米地位協定により日本側の第一次裁判権が放棄され捜査の続行も挫折しました。




本日は最近当院に導入された 婦人科専用レーザー機械 Aphrodite:アフロディーテ を紹介します。

d0092965_2402085.jpg


アフロディーテは、CO2レーザーをもちいて膣から膀胱、尿道、膣自体にアプローチし、尿もれ、膣のゆるみ、臭いのコントロールの治療、小陰唇および大陰唇の脱色等に効力を発揮するとされるレーザー治療器です。

上記はレーザー販売業者の宣伝文句であり 常に懐疑的姿勢を保ち、商業主義に迎合せず、科学的に適正な治療を行うべき医師として宣伝文句をそのまま鵜呑みにはできませんが当院では婦人科のご相談が非常に多いため婦人科の悩みを解決することに特化したレーザーを 詳細な検討および導入されている医師の感想も参考に導入させていただくこととしました。


特に膣縮小をご希望される患者さんにとっては切らずに縮小できるというのは大きなメリットだと思います。
当院では他のレーザー機種ですでに膣縮小を行っておりましたがこの機種には膣縮小専用、尿失禁治療専用のハンドピースがありより安全にスムーズに治療がお受けになられることとなりました。


尿もれ、膣のゆるみ、臭いのコントロール、小陰唇および大陰唇の脱色 等のお悩みがあればご遠慮なさらずご相談いただければ幸いです。

機械についての説明は以下のyou tube動画で見ることができます。
https://www.youtube.com/watch?v=TBBA3Rol06s&feature=youtu.be
[PR]
by shirayuribeauty | 2015-08-03 00:29 | 美容外科
<< FUE植毛 1000本 術後約... ハイフ:HIFU(High I... >>