人中短縮術、鼻孔縁拳上術、鼻尖縮小術(クローズ法)、小鼻縮小術
本日ご紹介の患者さんは「鼻をもう少し細くして、鼻柱より小鼻が少し上がり気味に、 人中を短くしたいが傷がのこるが気になります。 鼻の穴ももう少しだけ小さくしたい。 いびつな形になりたくないです。」とのご希望にてご来院された患者さんです。


私は鼻のプチ整形やプロテーゼ抜去のような施術を除き鼻の複合手術はカウンセリング当日の手術は原則としてお引き受けしていませんがこの方は受付の時点での手違いで当日手術のつもりでご来院された患者さんでした。

手術というものは思い通りにはならない可能性も十分あり得るしキズのリスクもあり得ることを重々ご説明し一度カウンセリングでお話しした内容をおうちに持ち帰ってよく熟慮されてかた手術をうけるか否か判断してほしい旨をご説明しましたが ご本人がご遠方からいらしているためか「それらのリスクも重々承知なので当日手術したい」とのご希望も強かったため御依頼をお引き受けすることとしました。


上段:術前です
下段:術後約5か月再診時です
d0092965_0531899.jpg

術後2か月の再診時の時点では「顔全体とのバランスがとれていなくて鏡を見るたびにびっくりする」とのご感想で「不満(1/5)」とのことでした。 

私としても「やはりカウンセリング当日からの手術のご依頼は心を鬼にしてお断りして差し上げておいた方が患者さんのためだったか・・・」と落ち込みました。 しばらくは見慣れず術後半年ぐらいたつと腫れや全体の違和感等も落ち着くためもう少し様子を見てほしい旨を伝えてご帰宅いただきました。

今回術後5か月時点では「半年たって形が落ち着いて安心しました。まだ鼻の幅が太く感じるので長さはそのままで鼻をもう少し小さく鼻筋を細くしたいです。」とのご感想で「まあ満足(4/5)」とご評価をあげてくださいました。

またのご来院をお待ちしております。





本日 他医にてフェイスリフト術をうけて顔面神経半側麻痺になられた患者さんが相談にこられました。
フェイスリフトで高名な形成外科専門医だったしこんなことになるなんて思わなかったし、神経麻痺のリスクも聞いてなかったのでもうどうしたらいいのかわからない 執刀に相談したら軽くあしらわれた とかなりご立腹、ご心配されていました。

このブログでも再三ご説明していますが手術の成功において有名とか資格とかではかるのは意味がないと思います。 医学は勉強すればするほど奥深さを痛感し安易なことは決して言えません。 経歴や資格をウリにしている医師は軽薄であるともさえいえると思います。 外科医として解剖を深く知っていると宣伝している医師が実はよくわかってないことはザラにあります。 こんなレベルの知識で「わかっている」と宣伝できてしまう面の皮の厚さに関心しますが間違いを指摘するのも失礼なので学会等でも誰もあえて指摘しないので結局そのような方々はいわゆるソクラテスの無知の知を自覚できるようになるまではそのように喧伝しつづけるのでしょう。

医療である以上リスクがあり 我々医師は起こりうるメジャーなリスクに関してはきちんと説明してご納得できる患者さんしか施術してはいけないと思いますし、うける患者さん側もリスクを説明されご納得して手術をうけた以上は万が一不具合が生じた場合は担当医と協力しあいその不具合を治していっていただきたいと思います(今回はリスク説明がなかったとのことでしたが)

私はフェイスリフトにおいては神経刺激器を用いて細かく神経をチェックしつつ5~8時間ぐらいかけて手術をするせいかまだ顔面神経麻痺のケースは幸いありません。 でも将来経験するかもしれません。

今回ご相談いただいた半側顔面神経麻痺は神経を切ってしまったのが たまたま腫れ等によるものなのかこればかりは執刀した医師しかわかりませんがまずは半年は様子をみるべきであることをご説明しました。

勘のレベルで申し訳ありませんが本日のご相談者さんの件に関しては麻痺の程度から鑑みるにおそらく治るでしょう。 あまりご心配なさらないでください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2015-07-26 00:47 | 美容外科
<< エンドタイン ブローリフト( ... 脂肪移植豊胸 一年に三回 最終... >>