他院フェイスリフトやり直し  再リフトアップ
今日は大東亜戦争開戦前の1941年に対ソ戦準備・フランス領インドシナ進駐を御前会議で決定した日になります。
この南部仏印進駐が日本の予想以上に米国を刺激し大東亜戦争を不可避にしてしまったものと考えられます。
よってその後の日本の運命を決める大決定をした日といえます。

また今日は1945年に呉市街地に米軍が無辜の一般市民にも焼夷弾をまき散らした日にもなります。
 呉市街地空襲の戦闘命令・第93号が、1945年7月1日第21爆撃機軍団司令官鬼畜ルメイ少将から第58航空団に対して発令されB29が、曇り空の呉上空に達し第一弾を投下したのは7月2日の午前0時2分でした。燃え上がった炎を目印にしてB29は次々と呉市街地上空に侵入し、すりばち状の呉市街地の周辺から中心部へと焼夷弾を投下し呉市街地夜間無差別大空襲を行いました。
  呉を襲ったB29は合計152機、全部で16万454発(1081・7トン)もの焼夷弾が投下された空襲は、午前2時5分まで続けられこの無差別大空襲による犠牲者は2000人以上といわれています。


本日ご紹介の患者さんは 前医にて数百万かけてフェイスリフトをお受けになられるも「効果がなかった。」「耳の後ろのキズ痕が汚いので修正したい」とのご希望にてご相談にお越しになられ患者さんです。

ものの本では名医として紹介されている美容外科医としても有名な形成外科専門医の先生が執刀されたということでした。

患者さんが「見てください。 ほら数百万かけたのに全然変わってないでしょ。」 とお持ちいただいたのが前医での手術前の写真です。
d0092965_1133938.jpg

眼前にいらっしゃる患者さんのお顔を見比べさせていただいて「自然な仕上がりでよいのではないでしょうか?」 とお話しさせていただき、どうしても気になるなら前医での再相談をご提案させていただきましたが「何百万もかけてキズも汚いし口角横のたるみの変化がなくて納得いかない。 とりあえずリフトアップだけでもきちんとしたい」と強くご希望されたため 再リフトアップのご依頼を受諾することとしました。

上段:他院フェイスリフト後約半年 当院術前
下段:当院フェイスリフト 再手術(SMAS処理:コンビネーションメソッド) 術後約5か月再診時です
d0092965_122863.jpg

今回はリフトアップだけでしたので耳裏のキズがどうしても気になるなら今度修正していきましょう。

またのご来院をお待ちしております。




おかげさまで当院も開院10年間を経て11年目になりました。
開院以来皆様に所在位置と施術料金のご案内のためのHP以外の一切の広告をしなかった自由診療のしらゆりビューティークリニックが11年目を迎えることができたのもひとえに皆様のお陰です。

また医道の本道から外れた広告や経歴等の宣伝で患者さんを集客する一般的な美容外科に対するアンチテーゼ的な役割を社会に対して果たせてきたのではないかと思います。

開院当初は知人が属している組織(エステ)で推奨していた脂肪排泄促進注射の紹介先として御依頼を引うけたのが始まりでした。元々可能限り本来のヒトがもつ機能を温存し非侵襲的に治療するのが良いという考えの自分としては脂肪吸引をせずに脂肪を減じることのできるフォスファチジルコリンを主成分とした脂肪排泄促進注射は良い治療と考え、自身にも注射し効果を確認し御依頼をうけることとした次第でありました(今では効果の個人差が大きいことがわかり必ずしも第一推奨としていません)。自身も様々な事を勉強していく拠点となる事務所が欲しかったので小さな一室を借りて勉強の合間に御依頼をお引き受けするつもりでした。 好きな勉強ができるように小さく細々とやっていきたいと始めたクリニックでしたがご紹介患者さんですぐに予約がいっぱいになりまた皆様が色々な美容外科的治療をご希望をされるようになりました。 自身の勉強時間等も削って診療にあたりましたが体一つではどうにもこうにもならなくなっていきました。 社会からこれだけ必要とされているのならばと専念することにしましたが一時期は予約日の前日夜からビルの非常階段に並んで待つ方々まで現れ、ビル側からも保安上問題があると申し入れされ予約システムを再考したりしてきました。診療を重ね様々な患者さんのお悩みに直面し、また執刀した医師に歯科の知識が乏しいために悲惨な結果も数多く見たのと、もともと医学生時代から口腔領域に興味があった(それ故 私の卒後臨床研修で最初に研修したのは口腔外科でした)ため歯学部にて学ばさせていただき歯科医師ともなりました。歯科領域は学べば学ぶほど奥が深くこれはこれで機能の構築をしていくれっきとした一医学分野であるため正しい歯科を学び、それに基づき治療し、歯科学の発展に寄与し世に伝えていくのは私のライフワークの一つと考えています。
私の診療予約に関しては10年経た現在でも職員一同どのようにしたら患者さんにご迷惑をおかけしないか四苦八苦しております。昨年9月から麹町から現在の新宿へ移転し、今年の4月から村松先生が一緒に診療に従事してくれるようになりましたがさまざまな問題が明らかになりました。

看護婦さん不足で私、村松両医師の手術を思ったように組めない、村松先生が以前の職場でご経験されていたほど村松先生に予約がはいってくださらない(村松先生は症例写真を見てお分かりの通り非常に繊細で上手な手術をされる先生です。前職場との患者さん数の違いは主に宣伝による認知度の有無だと思います)等々

経営下手かつ人間的にまだまだ未熟で 患者さん、職員、ドクター達、そして私を指導してきたくださった先達の医師や歯科医師の諸先輩方皆様にご迷惑をおかけし申し訳ない気持ちでいっぱいです。

私個人は在野の無名な一医師、一カイロプラクター、一歯科医師として「伯夷・叔斉 首陽山に死す」でよくとも組織として各職員の生活にも責任がある以上 そうはいってもいられません。


この10年 イロハのイから当院で私なりに思う正しい美容外科というものを学んだ医師を輩出できず、他方 誇大広告、商業主義すぎると思われたところもあったクリニックが今や数十人の医師を擁し多くの患者さんがいらしている現実を鑑みるに、 自分一人だけなら刀折れ矢尽きるまで闘うつもりでも組織の一員として それが正しいか否かは蒙昧としてきました。


良きドクターを社会に認知させる活動はそこに嘘がなければ社会において役立つ行為なのかもしれません。

よって開院11年目にして当院の認知度をあげるために少なくとも私以外のドクターが在職している間はは認知度をあげる広告を開始することとしました。





d0092965_1432423.jpg

先日お心遣いを戴きました。



深謝します。 


理念
しらゆりビューティークリニックは「ほんとうの正しい美容医療」を 社会に提供していくことで「健康的に、美しく、明るく楽しく幸せに」人々が よりよい生活を享受できるよう社会貢献を行います。

こころざし
・その時代になしうる最高の医療を提供できるように日々研鑽に努めます。
・医療人として人々を健やかに美しくする一助となり、活気あり健やかで美しくそして誇りある日本の国造りを目指します。


いずれ私も土に還ります。 御英霊を始めととする御先祖様方に深謝しつつよりよい国造りの一助となって日本の土に還れれば本望です。 刀折れ、矢尽き 死して屍拾うものなし となろうともそれまでは一期一会で精一杯やらせていただきます。

[PR]
by shirayuribeauty | 2015-07-02 01:22 | 美容外科
<< 頬骨アーチリダクション、鼻根縮... 鼻プロテーゼ抜去、 PPP+P... >>