脂肪移植豊胸 最終手術より術後約14か月
今日4月28日は大東亜戦争敗戦後約7年を経て1952年にサンフランシスコ講和条約が発効され、連合国軍占領下にあった日本の主権が回復し日本が独立をした日になります。

日本の自存自衛のために戦ってくださった方々に深謝します。
d0092965_0315655.jpg


4月28日の占領解放記念日の制定を願います。



本日ご紹介の患者さんは 胸をご自身の脂肪で大きくしたいとのご希望にて 脂肪移植豊胸術を一年間に三回お受けになられ、最後の手術より約14か月になる患者さんです。


上段:術前です
下段:術後約14か月再診時です
d0092965_23253016.jpg

スタイルをすっかりよくなられご感想も「満足」と順調な経過です。

脂肪移植豊胸の症例写真は術後半年以上経ていないと真の定着具合がわかりません。
美容外科は結果が大切なので美麗字句の宣伝に踊らされずきちんとした結果を日々公開しているか否かで判断していただければと思います。



5月より脂肪吸引の機械としてベイザーを導入することとなりました。

当院では実証のない機械を導入することは患者さんの金銭的負担を大きくするだけと考え私が納得できない機械は(実際は効果が対してないのに宣伝集客効果を狙って購入使用される医療器械)はいくら世間で流行っていても導入しない方針でした。

とはいえ、実際患者さんにとってよい治療器でしたらそれはそれで導入して廉価でご提供できればと日々思っているので可能限り時間をねん出していろいろと自身の身体で試してきました。

最近ではFDA認可の痩せる機械なるものを知り 「もし脂肪吸引せずに確実に部分痩せできるとしたそれは患者さんにとって非常に朗報だ。 脂肪溶解注射だって針を刺すリスクや感染やアレルギーの可能性もないわけではない以上 機器を表面に当てるだけで脂肪が部分痩せするなら患者さんのために是非導入しよう!」と思い何回か販売業者のところに通い 自身の片方の脇腹にあてて効果の左右差を確認させていただきましたが悲しいかな 自覚できる効果は視覚的に得ることができませんでした。

そんなこんなで先進的医療機器に対し懐疑的な私にとってベイザーは私を以前いろいろご指導してくださったある先生が試験使用してみて「効果が旧来の方法と変わらなかった」とおっしゃっていたので導入は考慮していませんでした。 
しかし、4月より当院に入職した村松先生がベイザーを使用した脂肪吸引を多数経験されており 「あれはいいです。 是非導入してください」とのご意見でしたので導入させていただくこととなりました。 
臨床の最前線でいろいろ経験してきた医師の営業でない一言が私を動かしました。

VASER Lipoのご希望がございましたら是非お申し付けください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2015-04-28 23:23 | 美容外科
<< 頬骨再構築法、 ミラクルリフト... 金の糸美容術 (全顔 + 首) >>