前医下眼瞼脂肪除去 術後 瘢痕・外反 修正術 (植皮)
4月23日は1993年 に 今上天皇なる明仁天皇が歴代天皇で初めて沖縄を訪問した日になります。


本日ご紹介の患者さんは前担当医にて下瞼の脱脂術を受けたところ下瞼のキズが癒着し 外反されたとのことで前担当医よりご相談をうけた患者さんです。

診察したところ下瞼の創癒着、外反を認めました。
前医の見立てでは自然治癒の可能性を考えていらっしゃるようでしたが、私の見立てではこのまま癒着すると取り返しのつかない後遺症(閉眼機能不全による角膜損傷の可能性等)が生じ得ると考えられたため後医は名医となり申し訳ありませんでしたが患者さんにとっての最大限の利益を考え術後10日目でしたが緊急手術(癒着解除術)を行いまいた。
その後まだ経度外反が残存したため植皮術を行いました。

上段:前担当医執刀約10日後の状態です
下段:植皮術後約四か月再診時です
d0092965_22454273.jpg

ご感想は「左目のように自然にしたいです」とのことで「ふつう(3/5)」とのことでした。

キズのアフターケアを徹底的に行ってきます。 またのご来院をお待ちしております。
[PR]
by shirayuribeauty | 2015-04-23 22:38 | 美容外科
<< たち耳修正術 (クローズ法) 顎先骨切術、 えくぼ形成術 術... >>