しらゆりビューティークリニックのある東京都新宿区新宿二丁目11-14 の歴史
今日は1945年に戦艦大和が天一号作戦(菊水作戦)により山口県徳山湾沖から沖縄へ向けて出撃した日になります。



先日 クリニックの隣の床屋さんにいってみました。

実は約1か月前にいったことがあるのですが一見こわもてのお年を召された理髪師の方であり、むこうも無言で淡々とお仕事をなさっているので話しかけるのがためらわれてしましました。


先日は勇気をだして話しかけてみました。


すると

おどろくことに その床屋さんは戦前からそこで営業なさっており約80年の歴史がある床屋さんでした。
ご主人さんは先代から2代目とのことでした。

私は当院のある東京都新宿区新宿二丁目11-14 が戦前はどんな建物が建っていたのか興味があったので尋ねたところ 床屋さんは 一枚の写真をみせてくださいました。


d0092965_00760.png


なんと戦前から当地は病院で、以前あった病院は「新宿病院」という病院でその床屋さんはそこで生まれたとのことでした。 写真をみると新宿病院の前に軍人さん達が写っています。
新宿病院の院長先生は尊敬できる立派な先生でいらっしゃったとのことでした。

代々より大きな病院となって巣立っていく場所のようで当院が移転するまえに入居していたクリニックさんは都内でも有名な病院さんの系列のクリニックで手狭になってより大きな病院となって巣立たれたとのことでした。

歴史的に医療の地としてご縁がある地ということで感慨深かったです。

約80年後の現在です。


 皆様のお役に立てる美容医療の金字塔となるような病院となるべく頑張っていきます。
[PR]
by shirayuribeauty | 2015-04-06 23:56 | 美容外科
<< 鼻根縮小術(鼻骨骨切幅寄せ術)... LeFortⅠ型骨切術(ルフォ... >>