他院LeFortⅠ型骨切術後修正術、下顎矢状分割術、下顎スティック骨切、頬骨骨切術、顎先骨切前方移動術
本日ご紹介の患者さんは他院にてLeFortⅠ型骨切術、顎先プロテーゼ留置術をお受けになられた既往があります。
他院にてLeFortⅠ型骨切術のみうけた結果、口元がでてサル顔になったといわれる、 右の上顎が左と比べて下がってしまった等を改善したい、頬骨の張りを改善したい、輪郭を全体に小さくしたいとのご希望にて今回 当院にて他院LeFortⅠ型骨切術後修正術、下顎矢状分割術、頬骨骨切術、下顎スティック骨切術、顎先プロテーゼ抜去後骨切前方移動術をお受けになられました。


上段:術前です。
下段:術後約3か月再診時です。
d0092965_2312523.jpg

上顎の右が下りてしまっていたせいで下あご先が左に変位していましたが今回の上顎LeFortⅠ型骨切り術で左右均等の高位に修正しましたので顎先は正中になりました。 
まだ腫れています。 輪郭手術の完成は術後半年になります。


よくLeFortⅠ型骨切術をすると小鼻が広がりますか?  という質問を受けますが正解でもあり、不正解でもあります。 


比較してみます。
d0092965_2375012.jpg

この方の場合上下には当院でさらに約5mm短縮しています。縦幅のみならず 頬骨もブーメラン骨切術で横幅を小さくしているので実際に小鼻のサイズは変わらなくても顔の輪郭が小さくなったために相対的に広がったように見えます。

小鼻のところで術後の写真を切って術前の写真に重ねてみます。
d0092965_2375851.jpg

実際の小鼻の横幅サイズは変わりません。

もちろん LeFortⅠ型骨切術の際に小鼻が広がらないような処置をしないと小鼻が広がってしまいますが、広がらない処置をしても「小鼻縮小」をしているわけではないので術前より小鼻が小さくなるわけではありません。 小鼻のサイズがそのままで周囲が小さくなると視覚のトリックで小鼻が大きく見えるようになってしまいます。


よって先ほどの 「LeFortⅠ型骨切術をすると小鼻が広がりますか?」  という質問に対する正しい答えは
「小鼻の広がり防止の処置をしないと広がる。 広がり防止の処置をして実際に小鼻が広がってなくても輪郭が小さくなれば相対的に小鼻が視覚のトリックで広がったように見える」 というものになります。

結果として後日別個に小鼻縮小をご希望される方が多くなるのはこういった理由によります。




本件患者さんにおいては術後のCT検査も問題なく順調な経過です。 といいたいところですが、中顔面をさらに短縮して笑ったときの歯の見えなくなり具合が気になり、「1~2mm程度戻したい」とのご注文でした。

またもとの骨格的な問題から右の外板があきらかに左より分厚いのでそれを除去したほうがエラのあたりがより左右均等になるでしょう。 患者さんもそれをご希望されており、口角拳上、リフトアップもご希望のため近日手術予定です。
またのご再診をお待ちしております。








ルフォー (Le Fort) I 型骨切術 、下顎矢状分割術(SSM:sagittal splitting method of mandibular ramus またはSSRO:sagittal splitting ramus osteotomy )のリスク

1.全身麻酔の事故のリスク (約7万件の全身麻酔に1件の麻酔死亡事故確率の統計調査報告等あります)
2.術後の腫れによる気道閉塞 → 気管切開等必要になる可能性
3.感染
4.プレートやネジがゆるんだりして再手術になる可能性  
5.咬合の安定化まで時間を要する。場合によっては術後矯正が必要になる可能性。
6.眼窩下神経麻痺や下歯槽神経麻痺の可能性
7.出血
8.鼻中隔湾曲が生じる可能性
9.口蓋瘻が生じる可能性
10.鼻の形態が変わる可能性
11.歯の違和感がしばらく残存する可能性
12.蝶口蓋動脈や大口蓋動脈に動脈瘤が生じ術後しばらくして突然止血困難な鼻血出血が生じる可能性
13.日本国内のケースでは私が浅学なのか見聞したことはありませんが外国の報告においては発生率は稀と思われますが「失明」(一応この合併症を避けえる術法はありとされており私もその術法にのっとって手術をおこないますが絶対おこらない保証はありません。)・・・ 外国の文献に載っています

[PR]
by shirayuribeauty | 2015-03-26 22:54 | 美容外科
<< LeFortⅠ(ルフォー1)型... BRAVA豊胸+ 脂肪移植豊胸 >>