疼痛過敏処女膜切除術
今日は1941年にアメリカのハル国務長官が日露戦争以降に東ア ジアで築かれた日本の権益と領土、軍事同盟の全てを直ちに放棄することを求めるハル・ノートを提示した日になります。


73 years ago from today, November 26th 1941, The Secretary of State at the time, Cordell Hull, laid out The Outline of proposed Basis for Agreement Between The United States and Japan, or so called "Hull note" against Japan. This outline
requested Japan to abandon all of their territorial possession and interests in East Asia which they had obtained since The Russo-Japanese War and renounce all military alliance immediately. The Prime Minister of Japan Hideki Tojo recognized it and said to his cabinet that it was the ultimatum from U.S.




本日ご紹介の患者さんは疼痛過敏処女膜切除術をお受けになられた患者さんです。


性交痛の原因として
・心理的なもの
・強靭処女膜
・疼痛過敏処女膜  などがあげられますが

疼痛過敏処女膜は誘発性腟前庭炎と類似もしくは連続性のある神経感受性亢進状態疾患であり適切な外科的治療であれば奏功します。






d0092965_482298.jpg


疼痛過敏領域を含んだ処女膜を切除しています。

今後はお悩みが解消され幸多き人生を歩まれることを祈っています。
[PR]
by shirayuribeauty | 2014-11-26 23:00 | 美容外科
<< LeFortⅠ型骨切術,下顎矢... 脂肪移植豊胸  左右差のある乳... >>