脂肪移植豊胸
今日は1945年に連合国軍最高司令官ダグラス・マッカーサー元帥が厚木飛行場に到着した日になります。この日からGHQによるウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム(“War Guilt Information Program”、略称“WGIP”:、「戦争についての罪悪感を日本人の心に植えつけるための宣伝計画」)が立案・施行されていき日本人の脳に刷り込まれていくこととなりました。



本日ご紹介の患者さんは腹部の脂肪を吸引して腹部をすっきりしてその脂肪を胸に移植したいとの御希望にて腹部脂肪吸引および脂肪移植豊胸術をお受けになられて患者さんです。


上段:術前です。
下段:術後半年再診時です。
d0092965_0471517.jpg

腹部は理想通りすっきりして胸は充分に自然に大きくなったとのことで御感想は「大満足!(5/5)」と順調な経過です。

側面です。

左:術前です。                    右:術後半年再診時です。
d0092965_047246.jpg

体型もバランスがとれて美しくなりました。 
「とってもHappy!」 とのことで順調な経過です。

またの御再診をお待ちしております。
[PR]
by shirayuribeauty | 2014-08-30 00:00 | 美容外科
<< 重要なお知らせ モントゴメリー腺除去術 >>