他院涙袋プロテーゼ入れ替え術
今日は1912年に 明治天皇の大葬が行われた日になります。 明治天皇の後を追い乃木希典大将が夫人とともに自宅で殉死されました。




本日ご紹介の患者さんは他院にて涙袋プロテーゼ留置術をお受けにななられた既往がある患者さんです。

プロテーゼの端が浮き出て違和感があるとのことで入れ替え術をご希望されました。

前医にての修正術を強くお勧めしましたが当院での入れ替えをご希望されたため御依頼をお引き受けしました。


上段:術前です。
下段:術後約1週間再診時です。
d0092965_2495898.jpg

留置されていたプロテーゼは涙袋に使用するには不適と思われる素材のプロテーゼでした。
涙袋は通常のプロテーゼですと皮膚が浮き出てトラブルが発生します。

当院では涙袋部分に適した曲率と軟性を有した特殊プロテーゼを用いています。 結膜側から手術を行いますので表側にはキズは残りません。


術後1週間なのでまだ腫れています。 美容外科手術の完成は術後約半年になります。

順調な経過です。

またの御再診をお待ちしております。
[PR]
by shirayuribeauty | 2014-09-13 23:47 | 美容外科
<< スティック骨切術、外板切除術、... アキュスカルプレーザー (顎下... >>