体表を切らない方法によるROOF(ルーフ)脂肪除去術
本日ご紹介の患者さんは目のはれぼったい感じを改善したいとのご希望にてカウンセリングの結果 体表を切らない方法によるROOF(ルーフ)脂肪除去術をお受けになられた患者さんです。

ROOFとは Retroorbicularis oculus fat の頭文字をとって省略して呼ばれている脂肪体で日本語訳はあえて訳せば 後眼輪筋脂肪 となります。
通常の美容外科で除去する目の脂肪は眼窩脂肪になりますがROOF脂肪は後眼輪筋脂肪であり部位がことなり眉か二重ラインにいたる全般的な脂肪層の除去になるため目がくぼまずすっきりさせることができることが長所の反面、眼窩脂肪除去よりダウンタイムがやや長い(腫れがやや長引く)のが欠点になります。


上段:術前です。
下段:術後約8ヶ月再診時です。
d0092965_2401817.jpg

目元はスッキリされかわいらしい目になりました。

順調な経過です。

またの御再診をお待ちしております。







「診療中になんか食べ物の匂いがするなぁ・・・」と一階におりてみると・・・
d0092965_5211628.jpg


「ドネルサンド屋さん  ・・・・・・・・・・。」 (いくらドネルサンド好きの私でもドネルサンド屋さんを呼び寄せたりはしません)

数年前から当院ビル前で営業されているとのことでした。
スタッフのうち何人かは前を通ったらケバブをごちそうしていただいたみたいですっかり懐柔されていました。
私は患者さんが不快にならなければよしとしますが匂いというのは好き嫌いもあるのであまり気になる方は遠慮せず申し出てください。  
[PR]
by shirayuribeauty | 2014-09-06 00:30 | 美容外科
<< 中顔面短縮術(LeFortⅠ型... 他院二重術後 二重幅狭小化手術... >>