頭蓋形態修正術
今日は1943年に日独伊三国同盟の同盟国であったイタリアが連合国への降伏を受諾した日になります。
また1951年に日米安保条約が調印された日になります。


本日ご紹介の患者さんは頭の形の左右差が気になるとのことで頭蓋形態修正術をお受けになられた患者さんです。
d0092965_272847.jpg

右後ろの後頭部の凹みが気になるとのことでカウンセリングの結果、頭蓋用レジン様化合物にて形態修正を行うこととしました。

上段:術前(赤ラインから緑ラインへの増量を計画しました)
下段:術直後です
d0092965_274496.jpg

術直後にはご自身で後頭部を触れていただき左右差が治ったことを実感していただきました。

またの御再診をお待ちしております。


頭蓋形態修正術    本手術のリスクとしては
1)キズ  (頭蓋に数か所数cmのキズが生じます)
2)感染
3)漿液等が溜まる可能性
4)結果に満足しない可能性
5)麻酔トラブル
6)発生率は稀ですがCRPS copmplex regional pain sydrome に代表される痛みの残存等

が挙げられます。
[PR]
by shirayuribeauty | 2014-09-08 00:06 | 美容外科
<< 三白眼修正術 術後6年 中顔面短縮術(LeFortⅠ型... >>