鼻尖縮小術、小鼻肉厚減幅術、鼻孔縁拳上術、鼻口唇角形成術、鼻翼基部プロテーゼ、鼻プロテーゼ
今日は1898年に時の米大統領ウィリアム・マッキンリーがハワイの米国領への編入を宣言した日になります。
この日、イオラニ宮殿に掲げられていたハワイ王国国旗が降ろされ、星条旗が揚げられました。この日からハワイは米国の準州として扱われました。
ハワイが50番目の州としてハワイ州が成立して完全に米領土となったのは1959年8月21日になります。

1893年1月16日、アメリカと関連の深い業者らが、さらにアメリカ寄りの政権をうちたてるため、政権の転覆を計画しました。アメリカ海軍艦が首謀者サンフォード・ドール (Sanford B. Dole)(ハワイのパイナップル王ジェームズ・ドールのいとこにあたる。ジュースのドールは日本でも有名) らを保護する名目でホノルルに到着しハワイ王国のリリウオカラニ女王は幽閉状態となりました。1月17日、ドールは臨時政府をうちたて、王政の廃止を宣言した。
時の明治政府は「在留邦人保護」を名目として、2月23日に巡洋艦「浪速」(艦長:東郷平八郎)、28日に「金剛」をホノルル港に入港せしめ、新政権を牽制しました。東郷は新政権との接触を避け、リリウオカラニ元女王にのみ謁見しました。

アメリカ人の樹立した臨時政府が東郷平八郎浪速艦長に対し「政府樹立1周年を祝って礼砲21発を撃つよう」要請しますが東郷はこれを拒否、ホノルル在泊の他の国の軍艦も、日本の軍艦「浪速」に倣って祝砲の発射を行ないませんでした。アメリカ人の臨時政府は面目を失い、ハワイ人は日本と東郷・浪速を尊敬したとされています。

ハワイ人の間では、この東郷平八郎の行動に感銘を受け、「トーゴー」という名を子供につけたり、「ナニワ」を「ありがとう」という意味で使ったりしたと言われています。

東郷平八郎はこの10年後の1903年に連合艦隊司令長官に就任。翌年の日露戦争ではみずから主要作戦を指揮し、ロシアのバルチック艦隊を日本海海戦で壊滅せしめました

本日ご紹介の患者さんは他院にて小鼻縮小術をお受けになられた既往のある患者さんです。

今回カウンセリングの結果、鼻尖縮小術、小鼻肉厚減幅術、鼻孔縁拳上術、鼻口唇角形成術、鼻翼基部プロテーゼ、鼻プロテーゼ留置術をお受けになられました。

御希望として鼻翼上部を狭めたいというものがありましたがそれは「鼻根縮小を併用が必要」
また鼻先の肉の厚みを改善したいというものもありましたが「それは鼻尖縮小でそもそも術後高くなるので数か月経て落ち着いても気になるようであれば鼻先肉切術で改善しましょう すなわち今回一期的には改善できません。」とお話しご同意を得ました。


上段:術前です。
下段:術後約1か月再診時です。
d0092965_4525182.jpg

御感想は以下のとおりでした。
d0092965_57873.jpg

術後約1週間の再診時には「不満(1/5)」とのことでプロテーゼ抜去を強くご希望されていましたが「時間が経てばもう少し落ち着くから(プロテーゼ抜去は)待ってほしい」とお願いし一か月後検診に来ていただきました。


半年経ても鼻先の高さがどうしても気になるようでしたら余剰皮を切除しましょう。 またの御再診をお待ちしております。



追記記事 20170310
[PR]
by shirayuribeauty | 2014-08-12 23:48 | 美容外科
<< 他院眼瞼下垂 術後修正術 他院鼻中隔延長修正術、鼻孔縁拳上術 >>