他院鼻中隔延長修正術、鼻孔縁拳上術
本日8月11日は1944年にグァム守備隊が玉砕した日になります。



本日ご紹介の患者さんは他院にて鼻中隔延長術をお受けになられた既往があり、「小鼻が垂れて鼻孔が正面からみて狭く見える。鼻翼の膨らみを回復したい。移植した軟骨を取りたい。」とのご希望にて前担当医に執刀してもらうようにお話しするも当院で修正術を強くご希望されました。

修正手術は思い通りにならない可能性が高くなり、皮膚壊死等のリスクもでてくることをよくご納得されてそれでも修正手術をしてほしいとのご依頼だったため御依頼をお引き受けいたしました。


上段:術前です。
下段:術後約4か月再診時です。
d0092965_475581.jpg

「形は気に入っているけどまだキズがきになります」とのことで御感想は「ふつう(3/5)」とのことでした。


またの御再診をお待ちしております。
[PR]
by shirayuribeauty | 2014-08-11 03:57 | 美容外科
<< 鼻尖縮小術、小鼻肉厚減幅術、鼻... ボツリヌス毒素注射によるエラ縮... >>