他院形成外科教授頬骨アーチリダクション術後修正術 :頬骨再構築、ミラクルリフト 術後約1年半
今日は1281年に二度目の元寇(げんこう)再来いわゆる弘安の役(こうあんのえき)にて博多湾に台風が吹き荒れ元軍が壊滅した日になります。

この出来事で日本では「神風」の存在が広く信じられ大東亜戦争では神風特別攻撃隊として護国の最期の戦法として名づけられました。


また今日は同時に大東亜戦争末期の1945年 に日本の伊号第五八潜水艦がアメリカの巡洋艦インディアナポリスを撃沈した日になります。

このインディアナポリスは1945年7月26日にテニアン島へ広島型原爆「リトルボーイ」を運んだ船でした。上部組織の命令で原爆を運んだ船、原爆を落とした飛行機、そしてその搭乗員達を憎んでも意味がないことは百も承知ですがそれでも一般市民の頭上に原爆が落とされたということは看過できません。  伊号第五八潜水艦に永遠の栄光あれ。





 本日ご紹介の患者さんは約2年前に某大学形成外科教授の執刀により頬骨アーチリダクション手術をお受けになられるも手術中のトラブル!?か所見!?が原因で左頬骨は手術できなかったと手術後に目が覚めてからいわれそれでもご返金はなかったとのことでした。

手術した右側もほとんど変化なかったとのことで修正手術をご希望にてご来院されました。


まずは執刀したその教授に再手術を相談する旨を御説得させていただきましたが再診で相談したときに手術できないと言われたとのことでした。

なぜ手術ができなかったか?、またなぜこれからもできないのか?凡庸な一美容外科医の私には不明でしたが3DCT等の精査の結果私は手術を可能と判断し患者さんのご依頼をお引き受けすることとしました。

患者さんは頬骨を手術することによる生じるかもしれないたるみを未然に防ぎたいとのご希望にて頬骨再構築と同時に人工靭帯によるリフト(ミラクルリフト)をお受けになられました。


上段:術前です。
下段:術後約1年半再診時です。
d0092965_5363488.jpg

約3か月前に当院でアキュスカルプレーザーによるアキュリフトを頬骨下、口角横、下顎縁上部分にお受けになられました。
頬骨もすっきりなられて順調な経過です。

またの御再診をお待ちしております。
[PR]
by shirayuribeauty | 2014-07-30 00:17 | 美容外科
<< 脂肪移植豊胸 5回 n-GOG(エヌコグ)糸 リフ... >>