BRAVA(ブラバ)を用いた 脂肪移植豊胸 の術前準備豊胸
本日8月5日は1944年に、オーストラリア連邦ニューサウスウェールズ州カウラで日本兵捕虜脱走事件が起きた日になります。 いわゆるカウラ事件として有名です。

この事件で日本人捕虜231名がお亡くなりになられました。



本日ご紹介の患者さんは持続陰圧器による軟部組織増大および血管増生を図る乳房増大器BRAVA(ブラバ)を脂肪移植豊胸前に装着を希望されました。

上段:術前です。
下段:BRAVA(ブラバ)装着時です。
d0092965_118583.jpg



ブラバを装着するとまるでサイボーグみたいになります。
ブラバは持続吸引器(sport box)の電池内臓部分の接触が悪いことがあるので要注意です。

またの御再診をお待ちしております。
[PR]
by shirayuribeauty | 2014-08-05 00:16 | 美容外科
<< 他院術後 変形耳に対する 立耳修正術 立耳修正術  手術当日 >>