鎖骨短縮術(肩幅狭縮化手術) & 患者さんからのメール
本日ご紹介の患者さんは肩幅を狭くしたいとのご希望にて鎖骨短縮術(肩幅狭縮化手術)をお受けになられた患者さんです。

肩幅をどこまで狭くできるかについては御遺体を用いて慶応大学整形外科の先生方が研究された結果、(鎖骨短縮変形が肩甲骨運動に及ぼす影響 どの程度の短縮が許容されるのか? 屍体肩を用いた研究Author:松村 昇(慶応義塾大学 整形外科), 中道 憲明, 池上 博泰 Source:骨折(0287-2285)33巻1号 Page1-6(2011.02))

「10%以上の鎖骨短縮により肩甲骨の外旋および後方傾斜が有意に障害された。また肩関節最大挙上角度は20%の鎖骨短縮により有意に低下した。」

とご報告されています。 よって可能な限り機能障害を避けるためには全鎖骨長の10%以下の短縮にとどめるのが望ましいと考えられます。

本日ご紹介の患者さんは機能障害がおきてもいいからガッツリ短縮したいとのご希望がありましたが、御説得させていただき後遺症が可能限り残らないようにという施術者側の私の強い希望で10%の短縮で御納得していただきました。
左右の鎖骨全長が15.5cmであったため片側の鎖骨短縮は1.5cmとして左右で合計3cm短縮を行いました。

上段:術前です。
下段:術後約3日再診時です。
d0092965_1111865.jpg

鎖骨を短縮しすぎると肩が前方にすくんだような姿勢になってしまいますが短縮率を10%に抑えたため側面からみてそのような変形姿勢にならずに済んでいます。 

御感想は「ふつう(3/5)」とのことでした。

その後のレントゲン撮影再診にいらしていらっしゃいませんが鎖骨短縮術は定期的なレントゲン撮影による骨癒合の確認、および術後の安静度に対する指示の遵守、リハビリ運動の開始時期が非常に重要です。

きちんとお約束の再診にいらしていただければ幸いです。 またの御再診をお待ちしております。

鎖骨短縮術のリスク
・感染
・キズ
・骨癒合不全
・鎖骨変形
・10%以上の鎖骨短縮により肩甲骨の外旋および後方傾斜が有意に障害される可能性
・20%の鎖骨短縮によりまた肩関節最大挙上角度が有意に低下する可能性



先日当院にご相談にいらした患者さんよりメールをいただきました。

ご無沙汰しております。遅くにメール申し訳ありません。●●●●です。

〇〇〇での二度目の修正手術は〇月〇〇日に決まりました。今回の修正内容は、鼻筋と鼻先の修正と、右に出来た瘢痕を頬っぺた辺りの皮膚を移植して平にするように治療する事になりました。

手術時間は恐らくは午後になるだろうと思いますが、当日の状況次第で変わる為に開始時間は確定した事は言えないとの事です。しかし〇月〇〇日の術前検査の時にはだいたいの時間は分かるだろうとの事でした。

前回同様、急な連絡になってしまったのと開始時間も確定していない中で、多忙な伊藤先生には来て頂く事が難しいと思いますし、伊藤先生を頼りにしている多くの患者さんがいる中で、僕は優先されるべきではないのでけして無理に時間を作ったりはしないで欲しいと思います。

お恥ずかしい話ですが現在も社会復帰は出来ていませんが、二度目の修正手術を受ける日が来た事だけでも、本気で死を考えていた自分からすると奇跡だと思っています。伊藤先生がいなければ今すでにこの世にいなかったと思うと感謝してもしきれません。

それと同時に申し訳ない気持ちでいっぱいです。
以前も少しお話しましたが、伊藤先生のブログに僕が載せてもらってから、何を考えているのか全くわかりませんがしらゆりビューティクリニックを△△医師が陥れようとしていると僕自身は強く感じています。正直△△医師にはここまで人として持つべき常識がないのかと驚いていますが、それよりも、とにかく伊藤先生に迷惑をかけてしまった事に対して申し訳なく思います。△△医師はよく色んな先生方の悪口などを言っていたので、しらゆりビューティクリニックの人気などに嫉妬しての行動だと思いますが許せません。
しかし本来であれば関係なかったのに巻き込んでしまって本当に申し訳ありません。

それなのに嫌な顔ひとつせずに、それ所が励まして下さって本当にありがとうございます。

毎回毎回、メールが長文になってしまいすみません。伊藤先生に対する感謝の気持ちが強すぎていつもメールをする度に長くなってしまいます。

お忙しいと思いますので返信の方は結構です。そしてくどいようですが、けして無理をなさらないようにお願い致します。
一応、〇月〇〇日にだいたいの手術開始時間がわかりましたらまたメールさせて下さい。何から何まで勝手に申し訳ありません。
お忙しい所、長文でのメール失礼しました。



わざわざ御報告および御心配ありがとうございます。

以前述べさせていただいた通り私は誰がどう私に敵愾心をいただいているのか邪推しても無意味だと思っていますし、そのようなことにエネルギーをさく気もありません。 患者さんに対していかによい医療を提供するかに自身のエネルギーを集中させたいと思います。

△△医師も●●●●さんに無実の嫌疑をかけられている被害者なのかもしれません。 真相は私にはわかりません。

明治三十七年明治天皇御製 
よもの海 みなはらからと 思ふ世に
など波風の たちさわぐらむ



ただ私がいえることは私を駆逐したいと思う方がいたら以下のようにしてください と思います。

すなわち私より技術を研鑽し、私より必死に患者さんを診て、私よりきちんと臨床結果を公示し、私より廉価で医療を奉仕すればよいのです。

患者さんのためにもなりますし一石二鳥です。 私も患者さんのために頑張りますからお互い切磋琢磨してきましょう。

その結果私がいつか世の中から必要とされなくなったら・・・ その時は未練がましくせず自身を必要とする現場に赴きます。

ご遠慮なさらずかかってきてくだされば幸いです。 覚悟はしています。


●●●●さんの手術が成功することを祈っています。




先日お心遣いをいただきました。
d0092965_2123682.jpg

ありがとうございます。 どうか御気を遣わないでください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2014-07-25 23:01 | 美容外科
<< 立耳修正術(クローズ法)  :... 人中短縮術術後約6年、 鼻孔縁... >>