陰核包皮癒着剥離術 2014.07.23
本日ご紹介の患者さんは陰核包皮癒着剥離術をお受けになられた患者さんです。



陰核包皮が癒着している場合、癒着包皮内で新陳代謝された上皮は出口がないためアヤコ貝の真珠のような塊になって経年的に徐々に大きくなっていきます。



上段:術前です
下段:術直後です。
(外性器の画像はエキサイトブログの規約に反する可能性があるため当院HP上の右欄の「婦人科・肛門」のタグにてパスワード制で閲覧可能としています。 手術を御検討されていて閲覧御希望の女性はクリニックまでお電話くだされば幸いです。メールでのお問い合わせに対しては性別判定ができないためパスワードをお教えできません。)
癒着を剥離するとこのような恥垢が石のようになった恥石の存在を認めます。



ほっておいて悪性化することはまずありませんがこれらに細菌が感染すると包皮炎の原因になり得ます。



今回の処置できれいになりました。



またの再診にいらしていただければ幸いです。
[PR]
by shirayuribeauty | 2014-07-23 23:16 | 美容外科
<< 人中短縮術術後約6年、 鼻孔縁... ほうれい線剥離術、 スプリング... >>