人中短縮術 術後約半年再診時
今日は大東亜戦争中の1945年 午前8時13分、米軍が長岡市左近町の畑に模擬原子爆弾を投下した日になります。

この模擬原子爆弾は同年8月9日に長崎に投下された原子爆弾とほぼ同じ型の物でした。 

米軍はこの日より8月14日にかけて日本の各地で模擬原子爆弾(使用予定の原子爆弾と同じサイズや重さ)を用いて実際の原爆投下に備えて投下練習を行っていました。

これらの事実が明らかになったの1991年のことです。



本日ご紹介の患者さんは人中短縮術(オープン法)術後約半年になります。


上段:術前です。
下段:術後約半年再診時です。
d0092965_034312.jpg

口元がより若々しくなりました。 御感想は「満足(5/5)」と順調な経過です。


またの御再診をお待ちしております。
[PR]
by shirayuribeauty | 2014-07-20 23:32 | 美容外科
<< 金の糸  (手背、指) 頭蓋骨形態修正術 (頭頂部骨削り) >>