小鼻縮小、鼻翼基部プロテーゼ、鼻口唇角プロテーゼ留置術 術後約4年
今日は1945年に北海道空襲が7月14日15日と行われた日になります。
米軍は13隻の航空母艦からのべ3,000機以上もの艦載機を発進させ、留萌市以南の北海道主要都市に無差別爆撃及び機銃掃射を行い一般市民を中心に2000人以上の日本人の人命が失われました。



本日ご紹介の患者さんは他院にてL型プロテーゼ留置術をお受けになられた既往のある患者さんです。
約4年前に小鼻縮小、鼻翼基部プロテーゼ、鼻口唇角プロテーゼ留置術 を当院にてお受けになられました。

上段:術前です。
下段:小鼻縮小術、鼻翼基部プロテーゼ、鼻口唇角プロテーゼ留置術 術後約4年 再診時です
d0092965_23343857.jpg

御感想は「顔面中心部が持ち上がり長年の悩みが改善されてとてもうれしいです! どうじに気になっていた口角の下がりまでも改善されたように思います。 先生本当にありがとうございました。」と「満足(5/5)」ということでしたが他院留置L型プロテーゼと当院留置鼻口唇角プロテーゼはいれていることが心理的負担になってきたとのことで抜去予定となりました。

抜去後は形態を保持したいとの御希望にて即時PPP+PRPによる形態保持予定となりました。
[PR]
by shirayuribeauty | 2014-07-14 22:33 | 美容外科
<< 鼻プロテーゼ抜去後 即時 PP... ヒッププロテーゼ留置術(豊尻術) >>