笑うと手術痕が見えてしまう他院ガミースマイル術後修正術   (局所麻酔下骨切術)
本日ご紹介の患者さんは他院にてガミースマイル修正術(粘膜切開法)をお受けになられるも笑うと歯茎が見えかつ手術したキズが見えてしまう状態であり、定期的にボツリヌス毒素を注射しガミースマイルにならないようにしていたが定期的に注射をしなければならないので根本的に解決したいとのご希望にてご相談にいらした患者さんです。「粘膜が丸見えでした。 笑うことに抵抗がありました。上あごが上がりすぎてしまうと思ってました。」とのことでした。  

根本的解決法として 局所麻酔下骨切術 + 上唇挙筋部分切除術)でガミースマイルを改善することとしました。


左:術前です。                   右:約1週間再診時です。
d0092965_23574135.jpg

術前は注意深くみると粘膜の以前の手術の痕がみえてしまいます。 術後はすっかり見えなくなりました。
患者さんの御感想も「鼻の通りがよくなり眠っている時の口呼吸が自然に治っていました。そして歯ぎしりも止まりました。少し痛みはありましたが。ありがとうございます。」とのことで「満足(5/5)」と順調な経過です。

鼻の通りが良くなったのは本手術では鼻腔底を広げるのでそのような作用があったのだと思います。
通常のルフォーⅠ型骨切術によるガミースマイル修正術ですと鼻腔底が狭くなることはあっても通常は広がりませんので特段、歯科矯正も含めて咬合を調整したい、または顔貌を変化させたいという希望がない限りは局所麻酔下による骨切術によるガミースマイル修正術が安全かつ機能的にはよい結果をもたらします。




ガミースマイルの修正法には以下のようなものがあります。 歯にかぶせものをする治療もありますが医学、歯学を修めた医師、歯科医師の自分としては天から授かった最強の防御壁であるエナメル質を虫歯でもないのに削って歯にかぶせ物をする治療や将来の歯周病への罹患をしやすくするような治療は邪道と考え私は行いません。

1. ボツリヌストキシン注射
   ボトックスに代表されるようなボツリヌストキシン製剤を上口唇挙筋群に注射してその筋肉の働きを抑える事によってガミースマイルの状態を改善する方法です。効果は約6ヶ月程度です。

2. Litton and Fournier法(リットン アンド フォルニエル法)
   多くの美容外科で行われている方法です。 方法としては歯の生えている上縁約4mm上で切開し上唇溝間の粘膜を切除縫合する方法です。

⇒ 他院でお受けになられた結果、効果がなく粘膜切開部のキズが笑うと見えるようになってしまったという相談をよく受けます。 あまりよい術式とは思えません。

3. Ellenbogen法(エレンボゲン法)
   鼻と唇の間にインプラントをいれて唇が上がるのをブロックする方法です。

⇒ 簡単にできますが上唇挙筋の作用が強い場合プロテーゼが鼻腔内等突出してくる可能性があります。

4. Miskinyar法(ミスキンヤー法)
   口の中を切開し上口唇挙筋群を切除して唇を上げられなくする方法です。

⇒ 眼窩下神経の枝も同時に切られることがあるため痺れがでたり、筋肉の再生による戻りがあり得ます。

5. Le FortⅠ型骨切り法
   上顎骨を短縮する方法です。

⇒ 確実な方法ですが上顎だけLeFort骨切術を行うと下顎がautorotationして前方へ突出してくるため適応を熟慮しないと術後のお顔に対して不満足な結果になる可能性があります。
また鼻腔内の容積を一定に保つために馬蹄形骨切り術を併用しないと術後鼻の通りが悪くなる可能性があります。

6. 上顎骨部分骨切術

⇒ 超音波メスで上顎骨を局所麻酔下で部分骨切りすることによりより安全にかつ確実にガミースマイル修正術が行えるようになりました。 現在私はこの方法を好んで用いてます。 
また鼻腔底を広げる作用もありますので鼻の通りが良くなる可能性があります。





先日お手紙をいただきました。
d0092965_23373866.jpg

ありがとうございます。 
先日、2年間もの間他院の術後修正を御依頼され(私には修正手術は無理だと考え2年間断り続けていました:他院で太田母斑に対して皮膚移植をされた目の二重幅を狭くする手術依頼になります。皮膚移植された目は通常と異なるので手術をされた形成外科もしくは他の名医の先生にて手術を受けるように再三説得をさせていただきましたが美容外科人形まで作ってくださり手術の御依頼をしてくださいました)最終的に「そこまでして2年もかけて御依頼してくださる患者さんのお役に立つならば」と一生懸命やった手術の結果が最終的には原因不明の痛みが生じるようになった言われ申し訳なく思っておりましたが、術後約3年後の本年にはわいせつ致傷と言われ人間不信になりガックリしていました ので、このような励ましのお手紙をいただくと思わず目頭が熱くなります。

私のような無名の一美容外科医が貴女のお役に立てて幸せです。 ただ恋心に感じたような感覚は手術前の緊張のドキドキ感の「吊り橋効果」によるものでしょう。  一時の「吊り橋効果」に惑わされることなく素敵な人生を歩まれることを願っています。


外科手術は劇的な効果を生みだす反面、予期せぬ合併症を生じる可能性もあり得ます。
先ほど述べた太田母斑の皮膚移植後の二重修正術の方のように私の手術で不幸になっている方もいらっしゃると思います。 誠に申し訳ありません。
いくらリスクを説明してもそれが起こってしまったら医者として無責だとは思っていません。
法的にどこまで外科医は合併症にたいして責任を背負わなければいけないのかは私は法律家ではありませんのでわかりませんが、このカルマは背負ってあの世に旅立ちます。
しかし同時に外科医である以上私を信じて御依頼してくださる方がいらっしゃり理性的、科学的に考えてその方のお役に立てる確率が高いと判断できるのであればメスを握ろうと思います。
私にできる努力はその確率を可能な限り100%に近づけることができるように日々日々勉強し研鑽を積むことだと思います。
[PR]
by shirayuribeauty | 2014-07-08 23:53 | 美容外科
<< 三白眼修正術, 他院二重切開修正術 小切開法による並行二重形成術 >>