眉上切開による上眼瞼たるみ取り および 下瞼眼窩脂肪移動術(ハムラ法)
先日 韓国で研修をうけたのち、日本の美容外科手術の供覧目的にカンボジアを訪問し、帰りにタイのヤンヒー病院を見学してきました。

韓国⇒カンボジア⇒タイとの3か国めぐりましたので日数もそれなりに要し 皆様には多大なご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます。

私が学会や研修で不在のことも多く皆様に御予約でご迷惑をおかけし申し訳なく思います。当院は現在職員一同フル回転しておりますが、小さな医院でありなんらかのきっかけで当院をお知りになった方々全員のご要望にはお応えしきれないのが実情です。
せっかくカウンセリングにお越しになっても「もう待ちきれない」とお帰りになられる方が連日いらっしゃったり、手術の予約をキャンセル待ちされ、一度登録するとずっとキャンセル待ちが有効と勘違いなされ「何か月も待っているのに連絡がないんだけど」とお怒りになられる方がいらっしゃったり(キャンセル待ちは1ヶ月間有効です。 再度また手術をご希望の場合はキャンセル待ちのお電話を翌月もご連絡ください) 色々とご説明がいたらずご不快な思いを皆様にさせ深くお詫び申し上げます。

メール返信も数週間要する場合がありますのでご容赦ください。
また基本的に診察をさせていただかないとわからないことがほとんどなのでメールでのご相談はお控えくださると幸いです。
docomo等の携帯電話アドレスからのメール相談ですとこちらが返信しても戻ってきてしまう事例が多々あります。

キャンセル待ちは半年間毎月された方々より優先させて手術枠はとらせていただくように努めていますのでご理解ください。

また現在大変混んでおりますので、カウンセリング、再診に長時間お待たせしてしまうことがあります。
当院に受診の際は時間的余裕を十分持って御来院いただければ幸いです。




本日ご紹介の患者さんは上眼瞼のたるみが気になる、下眼瞼の目の下のたるみが気になるとのことで改善目的に眉上切開による上眼瞼たるみ取り および 下瞼眼窩脂肪移動術(ハムラ法)をお受けになられたカンボジアの患者さんです。


上段:術前です。
下段:術直後です。
d0092965_54227.jpg

今回のカンボジア 国立プレアケットケリア病院における美容外科手術には十数人の日本人Drが参加しました。 奇遇にも本患者さんは約10年前に以前私が在籍した美容外科クリニックの先輩医師と一緒に執刀することになり10年ぶりの一緒の手術になりました。
向かって右すなわち患者さんの左眉は先輩医師が、向かって左すなわち患者さんの右眉と左右の下眼瞼は私が執刀しました。

10年ぶりにしかも異国で一緒に手術をするとは事実は小説よりも奇なり です。



タイのヤンヒー病院のスケールにはびっくりしました。 
ヤンヒー病院の先生と知り合いました。性転換 特にFTMの患者さんは日本国内でも治療している施設がすくなくお困りだと思うのでご希望の方はご紹介します。
御縁ですので紹介してヤンヒー病院で手術をうけられた後帰国して日本でアフターケアをご希望される場合は診させていただきます。 ただし現在外来は大変混んでいますので長時間お待ちいただく可能性を了承できる方のみにさせていただきます。
[PR]
by shirayuribeauty | 2014-06-25 00:49 | 美容外科
<< 鼻尖縮小(クローズ法)、小鼻縮... バッカルファット摘出術、上下口... >>