眉骨削り 術後10か月、 額アパタイト術後6カ月再診        お目元の多数回の修正手術に関して
本日ご紹介の患者さんは他院美容外科の形成外科医師にて眼瞼下垂修正術をお受けになられた既往のある患者さんです。


前医にての修正を強くお勧めしましたが当院での手術を強くご希望されたためご依頼をお引き受けしました。
(2013年1月末)

その後眉骨削りもご希望されたため最小切開法による眉骨削りを施術しました。(2013年8月)
その4か月後に額アパタイト形成術をご希望され額アパタイト形成術を施術しました。

今回眉骨削り術後10か月、額アパタイト6カ月再診になりますが今回再診しばらく前に他院にて目の手術をうけたとのことでした。

上段:術前です。
中段:左挙筋短縮術術後約10か月、 三白眼修正術、両眼他院二重切開修正術、両眼たるみ取り術後7か月再診時です。
下段:中段写真時(眉骨削り術前)より術後約10か月再診時(額アパタイト術後約6カ月再診時)、 他院にて目の施術後(詳細内容および時期不明) になります。
d0092965_23263834.jpg


(写真はクリックすると拡大します)

眉骨削りと額アパタイトは「まあ満足(4/5)」とのことで順調な経過です。
目元がまだ気になる点がありラルクのhyde氏のような目元になりたいとのことで目の修正手術のご相談をうけましたがさまざまな医師でのいろんな方法の手術をうけていると一貫性がなく修正も困難になり現時点では私には患者さんに益する手術をしてさしあげれる自信がありません。 Dr shopping を重ねるpolysurgeryの可能性を危惧したため目の手術は基本的にこれ以上しない方がよい旨をお話しさせていただきました。 どうしても気になる場合はお目元に関してはまずは直近の執刀医にご相談していただければと思います。 

またの御再診をお待ちしております。
[PR]
by shirayuribeauty | 2014-06-15 23:26 | 美容外科
<< 他院フェイスリフト後リフト耳修正 首の後ろのお肉取り >>