エンドタインミッドフェイスリフト
今日は1943年に米軍がアッツ島に上陸した日になります。アッツ守備隊は体制未整備であったにも関わらず、5月29日に玉砕(ぎょくさい)するまで米軍が驚嘆する程敢闘しました。この玉砕は日本軍「玉砕」の公認第一号の玉砕となりました。


本日ご紹介の患者さんはエンドタインミッドフェイスリフトをお受けになられた患者さんです。

左:術前です。            右:術後約5か月再診時です。
d0092965_241133.jpg

御感想は「満足(5/5)」と順調な経過です。

またの御来院をお待ちしております。



先日約1週間お休みをいただきNY大学へ研修へいかさせていただきました。

皆様にはご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。


久しぶりにthe Empire State Buildingにのぼりました。

1931年にこんな大きなビルを竣工していた米国と一戦を交える判断をせざるを得なかった当時の日本の苦悩を思うとせつなくなりました。

永野修身の言葉「戦わざれば亡国と政府は判断されたが、戦うもまた亡国につながるやもしれぬ。しかし、戦わずして国亡びた場合は魂まで失った真の亡国である。しかして、最後の一兵まで戦うことによってのみ、死中に活路を見出うるであろう。戦ってよしんば勝たずとも、護国に徹した日本精神さえ残れば、我等の子孫は再三再起するであろう。」を思い出しつつthe Empire State Buildingからの眺望を望まさせていただきました。
[PR]
by shirayuribeauty | 2014-05-12 00:02 | 美容外科
<< スプリングリフト(8本)および... ホクロ取り、小鼻縮小術、鼻口唇... >>