鼻孔縁下降術
本日ご紹介の患者さんは正面から見える鼻の穴を見えなくしたいとのご希望にて鼻孔縁下降術をお受けになられた患者さんです。

患者さんの鼻の状態から耳からの皮膚や軟骨等の移植を行わなくても下がるケースと判断しましたので特に自家組織移植は行っていません。

上段:術前です。
下段:術後約1週間再診時です。
d0092965_2574794.jpg

御感想は「今よりもう少し鼻の穴が見えたらちょうど良いかと思います。」とのことで「普通(3/5)」とのご感想でした。

今は鼻孔縁が下がりすぎたと思っても術後しばらくは多少の戻りがあり得ますのであせらず様子を見ていきましょう。

またの御再診をお待ちしております。



先日お心遣いを戴きました。
d0092965_371496.jpg

御本と奇遇にもまたシウマイを戴きました。
ありがとうございます。  どうか御気を遣わないでください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2014-04-29 00:30 | 美容外科
<< 乳頭縮小術(ITO法) 他院立耳修正術  術後修正  >>