インビザライン歯列矯正 (透明マウスピースによる歯列矯正)
今日は1945年に戦艦大和が天一号作戦(菊水作戦)により山口県徳山湾沖から沖縄へ向けて出撃した日になります。



本日ご紹介の患者さんは透明マウスピースによる歯列矯正をご希望されカウンセリングの結果、インビザラインマウスピース矯正をお受けになられた患者さんです。


上段:矯正開始前です。
下段:インビザライン(透明マウスピース)矯正を開始して約4か月後再診時です。
    インビザライン(透明マウスピース)を装着した状態で写真を撮影しています。
d0092965_23541651.jpg

赤矢印で示したところは左上顎3番すなわちいわゆる犬歯ですがグングン動いてきているのがよくわかると思います。


インビザライン矯正は患者さんがちゃんと1日20時間以上の装着を守ることと、2週間ごとにマウスピースの着け替えを怠らないことが非常に重要です。

これだけきちんと歯が動いてきているというのはきちんと指示を守ってくださっている証拠です。

順調な経過です。   またの御再診をお待ちしております。



先日お心遣いをいただきました。
d0092965_0115293.jpg

ありがとうございます。 どうか御気を遣わないでください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2014-04-06 23:50 | 美容外科
<< 額アパタイト形成術 埋没二重形成術 >>