中顔面短縮術<ルフォー (Le Fort) I 型骨切術 、下顎矢状分割術(SSM)>、頬骨骨切術
本日ご紹介の患者さんは中顔面を短縮したい、頬骨幅を狭めて小顔になりたいとのご希望にてご相談にこられた患者さんです。

中顔面を短縮するにはLe Fort I 型骨切術にて上顎骨を中抜きすることが必要なので大学病院の口腔外科等設備の整ったところで手術をお受けになられることがご自身のためである旨をお話しいろいろな施設に相談にいくようにお勧めしましたがどこも引き受けてくれないがどうしても受けたいとのご希望にてご依頼をお引き受けすることとしました。

ルフォーⅠ型骨切術単独では下顎骨のauto rotationにより切端咬合になり口元がやや前方にでた顔になってしまうと判断しましたのでルフォー (Le Fort) I 型骨切術 、下顎矢状分割術(SSM:sagittal splitting method of mandibular ramus またはSSRO:sagittal splitting ramus osteotomy )、および頬骨幅を狭めるために頬骨骨切術を同時におこないました。

中顔面を5mm上顎骨を上方に拳上するため鼻中隔軟骨のゆがみ防止および鼻腔容積の保全目的に上顎骨に馬蹄形骨切術および上顎骨蛇腹骨切術を加え上顎骨を上方に5mm拳上しています。

上段:術前です
下段:中顔面短縮術<ルフォー (Le Fort) I 型骨切術 、下顎矢状分割術(SSM)>
頬骨骨切術 術後約1か月再診時です
d0092965_435531.jpg

 御感想は「まだ腫れていますがそれでも術前より小顔になったと感じます」とのことで「まあ満足(4/5)」とのことでした。 これから腫れが引いていき落ち着いてくるでしょう。 輪郭手術の完成は約半年後になります。
またの御感想をお待ちしております。



ルフォー (Le Fort) I 型骨切術 、下顎矢状分割術(SSM:sagittal splitting method of mandibular ramus またはSSRO:sagittal splitting ramus osteotomy )のリスク

1.全身麻酔の事故のリスク (約7万件の全身麻酔に1件の麻酔死亡事故確率の統計調査報告等あります)
2.術後の腫れによる気道閉塞 → 気管切開等必要になる可能性
3.プレートやネジがゆるんだりして再手術になる可能性  
4.咬合の安定化まで要する時間
5.下歯槽神経麻痺の可能性
6.出血
7.鼻中隔湾曲 (鼻中隔をきちんと処理するDrか、または上顎骨の馬蹄形骨切り術、上顎骨蛇腹骨切術を併用して鼻中隔に影響を与えない処理をするDrでないと生じる可能性があります。)
8.日本国内のケースでは私が浅学なのか見聞したことはありませんが外国の報告においては発生率は稀と思われますが「失明」(一応この合併症を避けえる術法はありとされており私もその術法にのっとって手術をおこないますが絶対おこらない保証はありません。)・・・ 外国の文献に載っています1)
2)



先日某病院で無事修正手術を終わられた方が
 わざわざ挨拶にきてくださりお心遣いをいただきました。  どうか御気を遣わないでください。 
d0092965_493021.jpg

修正手術は完成までまだまだ回数はかかるとのことですがお顔には笑顔が見られるようになり明らかに失われかけていた生命力が回復していました。
ブログ掲載を願い私に迷惑をかけたのでないかとご心配されていましたが私は市井の無名の一美容外科医ですから心配無用です。 貴殿はまだまだ若く可能性がある人生です。 精一杯生き抜いていただければ幸いです。
[PR]
by shirayuribeauty | 2014-03-05 23:57 | 美容外科
<< 豊胸バック留置術 上下口唇縮小術、 他院人中縮小... >>