自家組織 鼻翼基部移植, 上下顎セットバック, 顎先骨切術
本日ご紹介の患者さんは「口元を下げて横顔をキレイに。 しゃくれている感じを直したい。」とのご希望にて御来院されました。
カウンセリングの結果  上下顎セットバック、顎先骨切術、自家組織鼻翼基部移植 術をお受けになられることに決まりました。


患者さんがご自身の写真を元に画像修正ソフトを用いて理想形を持参してくださいました。
正面 
左:現状              右:画像修正ソフトによる理想形です
d0092965_4481560.jpg

側面
左:現状              右:画像修正ソフトによる理想形です
d0092965_4482439.jpg


私は画像修正ソフトをもっていないのでこのような理想形をご自身の写真を元に作成してきてくださると非常に助かります。
「キレイにしてください。」という抽象的な表現ですと私の「キレイ」と患者さんの「キレイ」のセンスが異なった場合に患者さんからみれば失敗になりますのでそのようなトラブルを防ぐためにも可能な限り具体的にご自身のお顔をベースとした理想形を提示してくださると幸いです。
理想形どおりに手術結果をだすお約束はできませんが精一杯理想の形態に近づけるよう努力します。


本手術は上下四番を抜歯し上下顎セットバック,および顎先骨切術、自家組織 鼻翼基部移植による鼻翼基部形成術を行いまいした。


上段:術前です。
下段:術後約4日再診時です。
d0092965_4483181.jpg

御感想は「まだ腫れているので何ともいえません。」とのことで「ふつう(3/5)」とのことでした。


輪郭手術の完成は術後約半年になります。 またの御再診をお待ちしております。



先日お問い合わせメールをいただきました。
ここにてご返信させていただきます。

問い合わせ1
□ ご相談・お問い合わせ
先生のブログみさせていただいています。

時々感想点数が記載されていない症例があるのですがどうしてなんでしょうか?

点数が悪くつけているのをごまかしているのですか?


このような邪推をされるのは悲しいですがそのような物の見方もあるのかと学ばされました。
点数が表記されていないのは単純に記載漏れか、患者さんが評点をしてくださっていない場合です。
評点が悪いからと言ってそれをごまかして記載しないことはありません。
例えばAという手術を受けてその数か月後にBという手術をうけると患者さんは感想表にBの手術の評点はつけてくださりますがAの手術の評点はつけてくださらないことがほとんどです。 BのほかにCやDも手術をうけているとまずAの手術の評点はつけてくださりません。  
手術の年月が経てばたつほど評点をつけてくださらないことがほとんどです。
また久しぶりに再診ではなくカウンセリングにいらしたときはカウンセリングのみの御対応で感想表もお渡ししていないことも多いため評点をいただけてないことも多いです。 

わざわざ「無評点」と書くまでもないと思いますのでご評点が戴けていない場合は記載をしておりません。

ごまかしたりfakeをしてまで患者さんに御来院してほしいなどと全く思っていないのでこのブログの症例写真はご感想表および評点は真実です。
現時点では広告を一切していないのもわざわざ手術不要な患者さんに変な希望!?をもたせて手術に誘引することがないようにするためです。  人体は神がつくりたもうた精巧な複合組織です。 安易にメスをいれるべきではありません。 リスクをよく理解しそれを乗り越えてでも新たな自分を手に入れて現世を頑張りたいと思う人のみが美容外科手術をうけるべきだと思います。

ただ広告に関しましては後輩医師に今まで先輩医師や患者さんから学ばさせていただいた技術を伝えるためには当院の認知度を増し、後輩医師でも手術をうけてくださる患者さんを増やすためにいつかその時期がきたら広告をうたざるを得ないかもしれません。現状でも博士先生やはるか先生と手術費用にこれだけ差があるにも関わらず私にばかり御依頼が集中するためいつかはやむを得ないのかもしれないと思っています。

正直 矛盾です。

医療機関の理想としては誘引するのような広告をしたくない。 ただ技術のDNAの伝達のためには甘言を弄するような広告は論外としても存在を知らしめる広告は必要なのかと現実問題としては悩みます。 実際にその良し悪しは別として現時点では実務的に機能している美容外科医を多く生み出しているのは広告を行っているチェーン店美容外科だからです。 

悩み続けて8年ですがまだまだ熟慮していきたいと思います。
 
ただ繰り返しになりますが私は自身の生き方として事業やビジネスをしているつもりは毛頭なく 美容外科バカ一代としてただひたすら美容外科道を求道しているつもりなので評点をごまかしたりわざと記載を控えるということはないということをご理解ください。


問い合わせ2
ご相談・お問い合わせ (inquiry) : よろしくお願いします。私は受け口であり、顎が長いです。ですので、下顎前突改善手術と顎先削りを考えております。
①受け口の改善手術ですが、前から4番目の歯を抜いてその隙間を埋めるものだとお聞きしました。
しかし、私の5番目の歯は差し歯(左)と乳歯(右)です。そこでその歯を抜いて行うことは出来るのでしょうか?複数の病院に質問しておりまして、出来る病院と出来ない病院がありましてお聞きしました。
②また、わきが手術も検討しており、同時に実施することは出来ますか?


Ans>
通常は可能です。 ただ下顎の神経の位置によっては4番抜歯にて行うよりもオトガイ神経麻痺が生じるリスクが高まります。

わきが手術ど同時に実施することは可能ですが輪郭との同時手術はご自身が術後大変かもしれません。

実際は状態を拝見させていただかないとどちらもはっきりしたことはいえませんのでご了解ください。





先日お心遣いを戴きました。
d0092965_5103841.jpg

ありがとうございます。 どうか御気を遣わないでください。 
[PR]
by shirayuribeauty | 2014-02-18 00:18 | 美容外科
<< 右目二重切開修正 (並行二重→... 他院豊胸バック抜去術後脂肪移植... >>