中顔面短縮術<ルフォー (Le Fort) I 型骨切術 、下顎矢状分割術(SSM)>、頬骨骨切術
今日は北朝鮮の金正日の誕生日にちなむ金正日の日です。

さてこの金正日といえば思い起こすのが
拉致事件」になります。

以前「めぐみ - 引き裂かれた家族の30年」の映画をみました。 

まずオープニングから衝撃的だったのが同じく北朝鮮による日本人拉致事件の被害者となられた増元るみ子さんのお父さんである増元正一さんの肺ガンで鬼籍に入られる直前であろうと思われる病床での姿です。 酸素マスクをつけ息も絶え絶えの増元正一氏が「父ちゃんこんな姿になっちゃったけど るみ子 絶対日本に連れ戻してやるからな」 とおっしゃったシーンはあまりにも衝撃的すぎました。 また当時13歳であった横田めぐみさんおよびそのご家族をはじめとして拉致被害にあわれたご家族の想像を絶する辛さを考えると心痛極まるものがあります。

日本政府は現在16人を北朝鮮による拉致被害者として認定していますが、警察はそのうち7人について事件発生時から北朝鮮工作機関による犯行と確信していました。
工作船の電波傍受により地村夫妻、蓮池夫妻、市川修一氏、増元るみ子、久米裕氏について北朝鮮による拉致だとする報告を事件直後の1978年8月に作成しています。

電波傍受を秘密にするためこの報告書は握りつぶされ1988年3月の国会で国家公安委員長が答弁するまでほぼ10年の歳月を要しています。

そして拉致事件についてその後の日朝国交交渉の席でも全くとりあげられることはありませんでした。

この状況を変えたのが1997年の家族会の結成です。

家族会が外務省や自民党前での抗議の座り込み等の必死の活動を行ってようやく社会に認知され政府も北朝鮮との交渉の場で取り上げるようになりました。

裏を返せば家族が声をあげなければ事件発生当初からずっとほっておかれていたということになります。 発生当初から北朝鮮による拉致の情報がありながら情報を握りつぶし自国民を必死に守ろうとしなかった日本政府・・・・・ 情けなさでいっぱいですがつまるところ集まってきた情報を判断し行動する要職の人間の質が低かったといわざるをえません。 

一刻も早くこの拉致問題が解決することを切に願ってやみません。


本日ご紹介の患者さんは中顔面を短縮したい、頬骨幅を狭めて小顔になりたいとのご希望にてご相談にこられた患者さんです。

中顔面を短縮するにはLe Fort I 型骨切術にて上顎骨を中抜きすることが必要なので大学病院の口腔外科等設備の整ったところで手術をお受けになられることがご自身のためである旨をお話しいろいろな施設に相談にいくようにお勧めしましたがどこも引き受けてくれないがどうしても受けたいとのご希望にてご依頼をお引き受けすることとしました。

ルフォーⅠ型骨切術単独では下顎骨のauto rotationにより切端咬合になり口元がやや前方にでた顔になってしまうと判断しましたのでルフォー (Le Fort) I 型骨切術 、下顎矢状分割術(SSM:sagittal splitting method of mandibular ramus またはSSRO:sagittal splitting ramus osteotomy )、および頬骨幅を狭めるために頬骨骨切術を同時におこないました。

中顔面を5mm上顎骨を上方に拳上するため鼻中隔軟骨のゆがみ防止および鼻腔容積の保全目的に上顎骨に馬蹄形骨切術および上顎骨蛇腹骨切術を加え上顎骨を上方に5mm拳上しています。

左:術前です。               右:術後約1週間再診時です。
d0092965_452384.jpg

骨切は神経・血管温存目的に主に超音波骨切器具を用いて骨切を行っています。頬骨弓も切り、上顎骨も離断し、下顎骨も骨切りをしていますのでパンパンに腫れています。
御感想は「ふつう(3/5)」とのことでした。 これから腫れが引いていき落ち着いてくるでしょう。 輪郭手術の完成は約半年後になります。
またの御感想をお待ちしております。



ルフォー (Le Fort) I 型骨切術 、下顎矢状分割術(SSM:sagittal splitting method of mandibular ramus またはSSRO:sagittal splitting ramus osteotomy )のリスク

1.全身麻酔の事故のリスク (約7万件の全身麻酔に1件の麻酔死亡事故確率の統計調査報告等あります)
2.術後の腫れによる気道閉塞 → 気管切開等必要になる可能性
3.プレートやネジがゆるんだりして再手術になる可能性  
4.咬合の安定化まで要する時間
5.下歯槽神経麻痺の可能性
6.出血
7.鼻中隔湾曲 (鼻中隔をきちんと処理するDrか、または上顎骨の馬蹄形骨切り術、上顎骨蛇腹骨切術を併用して鼻中隔に影響を与えない処理をするDrでないと生じる可能性があります。)
8.日本国内のケースでは私が浅学なのか見聞したことはありませんが外国の報告においては発生率は稀と思われますが「失明」(一応この合併症を避けえる術法はありとされており私もその術法にのっとって手術をおこないますが絶対おこらない保証はありません。)・・・ 外国の文献に載っています1)
2)


追記記事:2014030520140522


約5年前 美容外科でうけたLeFortⅠ型骨切り術の後遺症で悩む患者さんを目の前にして自分のもつ技術では患者さんを救って差し上げられなかったことを忸怩たる思いで過ごしてきました。 どこかにそのような技術をもつ医師がいればと呼びかけをさせていましたが恩師が励ましのメールを送ってくださった以外は医師、歯科医師からのご連絡はありませんでした。 ならば自分がやらねばと西にルフォー骨切術の名医がいると聞けば西に行き勉強させていただき、東にルフォーの名医がいると聞けば東に行き勉強させていただき、某国にその名医がいると聞けば某国に修行にいかせていただきました。 美容外科医ということで冷たい、つらい対応も数多くうけましたが多くを学ばせていただけたことに諸先生方に深謝しています。 諸先生方には決して私利私欲のためにこの技術を用いないことを誓います。

脊椎手術の際に大動脈を傷つけて患者さんを亡くしたことに対し切腹し詫びた無名整形外科医の先生を偲びつつ、いざというときに自分にその覚悟があるか日々問いつつ私財を投げうった移転先新施設にてよりまっとうな医療行為をさせていただければ幸いです。







[PR]
by shirayuribeauty | 2014-02-16 23:57 | 美容外科
<< 他院豊胸バック抜去術後脂肪移植... 鼻中隔延長術、鼻尖縮小術、I型... >>