臀部、太腿全周、ふくらはぎ 脂肪吸引   お問い合わせメールに対するご返信
本日ご紹介の患者さんは臀部、太腿全周、ふくらはぎ 脂肪吸引をお受けになられた患者さんです。

もともとスリムであり脂肪吸引は不要な旨をご説明し説得させていただきましたが「老けた感じになってもよい。女性らしいラインは求めないので限界まで取ってもらいたいです。」と熱望されました。
しかし臀部はこの方は2009年10月30日記事の程度までの適度な吸引にとどめるには脂肪がなく吸引すると皮膚が垂れ下がり老けた感じになり見苦しくなる可能性があるため吸引するべきではない旨を強く説得させていただきましたが「皮膚が垂れても良い。男性の視線も気にしない。デニムのズボンをはいたときにスリムになる方がいいからとにかく限界まで吸引してください。」との依頼にて手術の御依頼をお引き受けしました。

上段:術前です。
下段:術後約2か月再診時です。
d0092965_417727.jpg

御感想は「ふくらはぎは術後2週目あたりから細くなってくるのを実感できました。まだ全体的にさわっても感覚が鈍いです。」とのことで「まあ満足(4/5)」を順調な経過です。

脂肪吸引の完成は術後約半年になります。まだこれから変わっていきますので完成まで気長にお待ちくだされば幸いです。

またの御再診をお待ちしております。









先日お問い合わせメールをいただきましたのでここにて御返信させていただきます。



お世話になります。

しらゆりビューティクリニック

伊藤院長様

先日1月、二重の相談に乗って頂いた●●といいます。



勝手ながら、その後、他の先生にもセカンドオピニオンをお伺いしました。

会員ID●●●●



先生のほかに、形成外科の美容外科医の先生にも相談を乗って頂き、

安心できたので、手術をしようかと思ったのですが、

「仮に1回目の手術で不満足な結果となったら2回目は保険適応でよい」

と言われました。



それをお聞きし、先生のブログ「美容外科医のモノローグ」のコメントを思い出しました。



(以下、先生のブログより抜粋)

他院二重切開修正術後傷痕修正術

by shirayuribeauty | 2010-07-04 22:59 | 美容外科



本日ご紹介の患者さんは既往として他院術後の二重切開の傷が気になるとのことでレーザーで日本一といわれる形成外科クリニックで治療をうけるも改善せず、某病院形成外科にて二重切開修正術を40万円かけてお受けになられるもかえってラインが増えてしまったとのことで再度その医師に修正手術を執刀してもらうも余計ラインが増え、キズが汚くなったとのことで修正依頼で御相談にこららた患者さんです。

執刀医は美容外科領域でも有名な形成外科専門医でありますが美容外科における愚劣な○○専門医集団のただの一員と異なり私が尊敬する医師の一人でありましたので「ほんとうにその先生が執刀した結果なのか?」と疑問に思いました。

残念だったのがその先生が自分から「二回目の手術は健康保険を適応してあげる」と患者さんに言ったとのことでした。


引用終わり。



ついては、誠に勝手ながら、自分が相談した先生がブログで言われる先生なのか、確認させていただけないでしょうか?

私が相談した先生は、●●形成外科の●●●● 医院長です。



できれば、ブログでいわれた先生名を知りたいのですが、ブログで言われた先生と●●先生が違うかどうかのみでも構いません。



もちろん、これは自身が手術を安心して受けるためだけに知りたいので他言いたしません。メールで差支えがありましたら、電話でもかまいません。

私の連絡先は090-●●●●-●●●●です。



なんとか不安を除きたいのです。

勝手な依頼ですが、何卒、よろしくお願い申し上げます。

●●●●



まず結論から先に申し上げますと具体的にどの医師がどう等私の口から今までもそしてこれからも金輪際申し上げることはありません。

ただ自費診療で行った施術の結果が思わしくないからと言ってそれを同一の医師が保険診療でその後を治療するというのは基本的に保険診療の違反行為と私は認識しています。
よって「仮に1回目の手術で不満足な結果となったら2回目は保険適応でよい」というのはある意味医師の思い上がった横柄な口のききかたであり1回目を自費でやる以上は「仮に1回目の手術で不満足な結果となったら(本当は違反だけど こちらも正規料金の請求はしずらいしかといって安くやったら赤字だし、だったら保険でやったほうがこちらもそれなりにお金もはいるしそちらも負担金が少ない方がうれしいだろうから お互い利害関係が一致するから一緒にズルしましょう )2回目は保険適応でやらせてください(ゴメンナサイ でもあなたもそっちがいいでしょ♪) 」<()内は医師の心の中の言葉>というのが正しい言い方であるべきです。 

そのような発言は患者さんの負担を思えばこその発言だと思いたいですが(でもだったら自分がある程度ないて自腹を切って麻酔代程度で修正手術を引き受けるべきではないかとも思いますがケースバイケースなので一概に言えません)本来、健康保険は疾病に対する保険として皆の保険金から拠出されまかなわれているものであり美容医療に適用するべきものではありません。

自身の手術結果が主観的にしろ客観的にしろうまくいかなかったからといって自分が執刀した自由診療の手術の修正手術に健康保険を適応するのは医師の裁量権を逸脱した皆の健康保険金に対する冒涜行為だと思います。
自由診療で手術をする以上、万が一執刀医の主観的にもうまくいっていないと判断するのなら健康保険を喰い物にせず自腹を切り修正手術を行うべきだと思います。 その辛さが一刀入魂の緊張感を一回の手術毎に生み出す一助となるはずです。

一部の開業形成外科医師が健康保険を喰い物にしているのは医師として恥ずかしく残念なことだと思います。
[PR]
by shirayuribeauty | 2014-02-09 23:10 | 美容外科
<< ハイブリッドHybrid糸リフ... 鼻プロテーゼ留置術 (博士先生... >>