オーダーメイド 顎プロテーゼ
今日は1971年 にアメリカのアポロ14号が月面着陸した日です。
私も宇宙からこの目で地球をみてみたいなぁと思います。 

On February 5th 1971, Apollo 14 touched down on the moon.
I wish to see the earth from outer space someday.




本日 ご紹介の患者さんはご希望にて立体CTを撮影してご自身の顎模型を作製し、それに合わせてオーダーメイドで顎プロテーゼを作成しそれの留置術をうけた患者さんです。


立体CTにより顎模型を作製した患者さんです。正面像です。
d0092965_3225674.jpg


斜め像です。
d0092965_3234928.jpg


患者さんの希望と顎先の形態にあったシリコンプロテーゼを作成するために造形モデルを作成したところです。
d0092965_324091.jpg

d0092965_324980.jpg

実際の手術でもぴったりとフィットしました。


立体CTをベースにしたオーダーメイドプロテーゼは立体CT撮影費用、模型作成費用が別途かかりやや高額になりますが希望の形態を事前に綿密に打ち合わせることができ、ぴったりとフィットし術後の移動のリスクもほぼなくなる点を考慮するとよい方法です。


プロテーゼ留置を考えられる方は立体模型に基づいたオーダーメイドプロテーゼを一考していただけると幸いです。
[PR]
by shirayuribeauty | 2014-02-05 23:15 | 美容外科
<< 顎先プロテーゼ、他院エラ削り修... 下顎骨スティック骨切術術後3年 >>