立耳修正
本日ご紹介の患者さんは「少し倒す程度で立耳を治してほしい」とのご希望にて立耳修正術(クローズ法)にて立耳修正術をお受けになられた患者さんです。



上段:術前です。
下段:術後約10日再診時です。
d0092965_022532.jpg

術中から傾き具合を念入りにチェックされ微妙な傾きにもこだわりをお持ちになられていたので手術時間は長くなりましたが、その甲斐あってか術後約10日再診時には「満足(5/5)」とのご感想にて順調な経過です。


立耳形成術クローズ法は戻り等のリスクはオープン法とほぼ同等と考えられます。(当院例ではほぼありません)

クローズ法は術中から傾きの程度を微調整できる非常によい方法になります。

立耳でお悩みの方の一助になれれば幸いです。


閑話休題

立耳手術を保険診療で行うと医療機関には両耳で約30万円はいることを最近知りました。

「なんでこんな簡単な手術を一般の美容外科では約30万もとるんだろう!? ぼったくりだなぁ」と思っていた自分は数字の根拠が保険診療の点数にあるんだと恥ずかしながら最近知りました。

私の手術の値段の根拠は「このぐらいならして差し上げてもよい」とのある意味「感覚」なので値段に厳密な根拠があるわけではありません。

通常価格手術して差し上げていても保険診療よりも約13万安い金額でした。

「人は人、自分は自分」なので別によいのですがなんだか微妙な気持ちになった自分はまだまだ悟りがひらけていないと反省した次第です。



明日に道を聞かば夕に死すとも可なり の精神で真理と正しき道を探究し今年も皆様のお役に立てれれば幸いです。
[PR]
by shirayuribeauty | 2014-01-06 23:54 | 美容外科
<< 他院顎削り修正術 ,スティック... 豊胸バック留置術 >>