他院鼻尖部軟骨移植術術後  小陰唇組織を用いての鼻先修正術術後約3年
今日は紀元前49年ガイウス・ユリウス・カエサルが有名な言葉「賽(さい)は投げられた」と共にルビコン川を渡った日として有名な日です。

January 10th 49 BC is widely known as the day that Gaius Julius Caesar, on crossing the Rubicon river with only one legion to trigger a civil war, said the historically famous phrase "the dice is thrown" or "The die is cast" ("Alea iacta est" in Latin).

It was said that Caesar quoted the phrase from Menander ( comic dramatist of ancient Greece (342-292 BC) ) in Greek.。

Today, the phrase is often used when one confronts a decisive and/or inevitable
event, crossing the point of no return.

人生には渡った以上突き進まねばならない「ルビコン川」が幾度かあります

We sometimes come across a "Rubicon River" situation in our lives, where we must simply move on.


また2014年1月10日、本日は横浜名物「シウマイ」で知られる崎陽軒会長の野並豊氏が肺炎で亡くなられた日になります。 91歳でした。

野並さんは私が卒業した3つの大学のうちの一つの大先輩にあたる方になります。
横浜駅で「崎陽軒のシウマイ」をみるたびに母校のOBであることを思い出しては親近感を感じていたことが思い出されます。




本日ご紹介の患者さんは
御来院2年前に他院で約80万円ほどかけてI型鼻プロテーゼ、耳からの鼻先軟骨移植術をお受けになられたという患者さんです。 某学会の専門医を宣伝表示されているクリニックとのことでした。

鼻先が白く浮き上がり凸状に目立つ状態の当院での修正術を希望されておりましたがまずは前医にての加療を強く勧めました。

ところが前医にいくと治療としては「今日はヒアルロン酸をいれる。 後日耳の軟骨をいれる修正手術をする。費用は30万円かかる。」といわれたとのことで再度私による修正手術を強く御希望されたためお引き受けすることとしました。

鼻先が白く透けかかっている状態というのはいつなんどき皮膚が破れて醜状痕を残すかわからないためそうなる可能性も十分御納得いただき修正手術を開始しました。

また、軟骨移植で皮膚がうすくなってしまっている以上再度耳軟骨を用いても状態を改善できる可能性は低いため、鼻先には軟部組織移植をおこなうこととしました。  幸い婦人科手術を同時に希望されていたため同部位の組織を利用することとし体の他の部位にキズをつけなくて済みました。

婦人科手術終了後鼻先移植用組織塊を作成し、鼻先の手術に取り組みました。


上段:術前です。
下段:他院鼻尖部軟骨移植術術後  小陰唇組織を用いての鼻先修正術術後約3年再診時です。
d0092965_5121722.jpg

以前の再診時には「しらゆりで修正後に前医に見せに行ったとき『小陰唇組織をつかった修正なんて・・(笑)』って嘲笑われて嫌味をいわれましたがきちんときれいなままで大満足です」と満足{5/5)」と順調な経過でしたが今回の経過観察でも「満足(5/5)」と順調な経過でした。


この方は幸い予後良好ですが 軟骨が透けた鼻尖部の修正の予後は不確定要素が多く菲薄化した皮膚が確実に治せると私は断言できません。

手術操作により血行動態が傷つくことにより皮膚が栄養不良になり皮膚が薄くなったりして稀ですが術後数か月して再透見するリスクもあり得ます。


なにぶん長期的経過観察が必要な部位になりますので定期的な検診をきちんとおうけになることをお勧めします。




先日お心遣いをいただきました。
d0092965_522921.jpg

ありがとうございます。 どうか御気を遣わないでください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2014-01-10 18:37 | 美容外科
<< PPP,PRPによる顔面変形修... 一期目 鼻口唇角形成術、鼻翼基... >>