中顔面短縮術 : ルフォー (Le Fort) I 型骨切術 、下顎矢状分割術(SSM)
今日は天皇誕生日です。1948年に故意に連合軍が現天皇(当時の皇太子明仁)の誕生日に処刑執行日を合わせて 極東国際軍事裁判で死刑判決を受けたA級戦犯7名が絞首刑執行された日になります。

Today is the Emperor's Birthday. (December 23rd) In 1948, the Allied Army who then occupied Japan, intentionally executed 7 Japanese class-A war criminals knowing it was the Crown Prince's birthday. These criminals were adjourned guilty and sentenced capital punishment by the International Military Tribunal for the Far East (Tokyo Trials).

国内的には敗戦の責を問われるのはいたしかたがないかもしれませんが当時の国際情勢を鑑みても連合国側から事後法にて裁かれ死刑に処された方々は無念極まるものがあると思います。

I personally think domestic criticism to Japan's defeat in World War II is inevitable. However, those who were subject to capital punishment must have been terribly mortified.

連合国側からのいわば憂さ晴らしの私刑によって処された方々のご冥福をお祈りします。
The International Military Tribunal for the Far East was established by allied nations (and only the allied nations).Those considered as Japanese war criminals were later prosecuted, and the judgements were executed based on new laws established by these allied nations. I would like to express my deepest condolences to those executed based ont he results of privately conducted trials.

これからも極東国際軍事裁判のような茶番劇が国際社会でおこらないように切に願います。

I truly hope farcical examples seen in the Tokyo Trials never occur again in future international societies.



本日ご紹介の患者さんは中顔面を短縮したい、小顔になりたいとのご希望にてご相談にこられた患者さんです。

中顔面を短縮するにはLe Fort I 型骨切術にて上顎骨を中抜きすることが必要なので大学病院の口腔外科等設備の整ったところで手術をお受けになられることがご自身のためである旨をお話しいろいろな施設に相談にいくようにお勧めしましたがどこも引き受けてくれないとのことでご依頼をお引き受けすることとしました。

ルフォーⅠ型骨切術単独では下顎骨のauto rotationにより切端咬合になり口元がやや前方にでた顔になってしまうと判断しましたのでルフォー (Le Fort) I 型骨切術 、下顎矢状分割術(SSM:sagittal splitting method of mandibular ramus またはSSRO:sagittal splitting ramus osteotomy )を同時におこないました。

正面
左:術前です。                 右:術後約6カ月正面です。
d0092965_22542350.jpg



斜位
左:術前です。                 右:術後約6カ月斜位です。
d0092965_2255825.jpg


スマイル
左:術前です。                   右:術後約6カ月スマイル像です。
d0092965_22593717.jpg

ガミースマイルは治っています。
御感想は「満足」と順調な経過です。

小顔になりよりかわいらしくなりました。
上顎を中抜きする手術をうけるのは勇気がいったと思います。
よく頑張られました。 

これから幸せな人生をお送りになられることを祈っています。




ルフォー (Le Fort) I 型骨切術 、下顎矢状分割術(SSM:sagittal splitting method of mandibular ramus またはSSRO:sagittal splitting ramus osteotomy )のリスク

1.全身麻酔の事故のリスク (約7万件の全身麻酔に1件の麻酔死亡事故確率の統計調査報告等あります)
2.術後の腫れによる気道閉塞 → 気管切開等必要になる可能性
3.プレートやネジがゆるんだりして再手術になる可能性  
4.咬合の安定化まで要する時間
5.下歯槽神経麻痺の可能性
6.出血
7.鼻中隔湾曲 (鼻中隔をきちんと処理するDrか、または上顎骨の馬蹄形骨切りを併用して鼻中隔に影響を与えない処理をするDrでないと生じる可能性があります。)
8.日本国内のケースでは私が浅学なのか見聞したことはありませんが外国の報告においては発生率は稀と思われますが「失明」(一応この合併症を避けえる術法はありとされており私もその術法にのっとって手術をおこないますが絶対おこらない保証はありません。)・・・ 外国の文献に載っています1)
2)


先日お心遣いをいただきました。
d0092965_37075.jpg

ありがとうございます。 どうか御気を遣わないでください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2013-12-23 23:06 | 美容外科
<< ハイブリッドリフト (ミラクル... 上下顎セットバック、鼻翼基部骨... >>