ハイブリッドリフト (ミラクルリフト、スプリングリフト、アキュリフト),ほうれい線プロテーゼ
本日ご紹介の患者さんは若返り目的にてハイブリッドリフト (ミラクルリフト、スプリングリフト、アキュリフトの組み合わせ),ほうれい線プロテーゼ、顎先および眉間エランセ注射をお受けになられた患者さんです。


ミラクルリフトは6本、スプリングリフトは4本、アキュスカルプレーザーは頬と顎に使用しています。

これらを組み合わせたハイブリッドリフトにて切らずにたるみを改善、リフティングしています。

上段:術前です。
下段:術後約1か月再診時です。
d0092965_21555450.jpg

御感想は「満足(5/5)」と順調な経過です。

術後1か月なのでまだ完成形ではありません。
美容外科の手術は一般的には約半年後が完成となります。


またの再診をお待ちしております。



先日お心遣いをいただきました。
d0092965_311280.jpg

ありがとうございます。 どうか御気を遣わないでください。


リフトのご相談をお受けしていると多くの方がいわゆる「切るリフト」をご希望されることに驚かされます。
「切るリフトのほうが長持ち」というなんとなく正しそうな 、しかし科学的、統計的証拠のない都市伝説!?に影響されているのか皆様そのように思われています。

私からすると「適応による」と思います。


もちろん切るリフトのほうが適切な場合もあります。 しかし切る必要はないと思われるのにしきりに切るリフトを切望されるのにはやや困惑します。 その逆も然りで 切らないとよい結果がでないケースにおいて切らないでそれなりの結果を強くお求めになられるのも困惑します。

もっとも経済的に最高の結果をだすべく私なりの叡智を絞ってアドバイスさせていただいておりますので参考にしていただければ幸いです。
[PR]
by shirayuribeauty | 2013-12-24 21:48 | 美容外科
<< アキュリフト(顎下、頬下部) ... 中顔面短縮術 : ルフォー (... >>