死ぬという患者さん :  ミニリフト,骨膜下ミッドフェイスリフト、目の下のたるみ取り
本日ご紹介の患者さんは小顔になりたいというご希望と たるみ改善目的にて ミニリフト,骨膜下ミッドフェイスリフト、目の下のたるみ取り、顎下アキュスカルプレーザー、ミントリフト をお受けになられた患者さんです。



上段:術前です。
下段:術後約1か月再診時です。
d0092965_23111919.jpg

(2013.12.17追記 :患者さんが通常価格への御変更を御希望されたため写真の供覧は停止させていただきます)

御感想は「自分の好きだった目の形が変わってしまった。  こんなにいろいろと激変するなんて知らなかった。」 笑いながらも「もう死ぬ」 とのことでした。

どのくらい変わったから術前の写真と今回再診時の写真を患者さんと一緒に見比べてみると、患者さんもほとんど変わってはいないのはお認めになられるも「立体でみるとやはり違う。写真ではわからない。」とのご意見であり、私としては客観的には第三者があまり気づかない程度の変化でも患者さんにとっては大変なショックをうける例として「同一記事に事例として目もブログに掲載してもよいですか?」とお願いしました。
最初は「目だけならいいですよ」とのことでしたが笑いながらも「やっぱり知り合いにバレたら死ぬ!(笑)」ということで最終的にはお断りになられました。

私としては かつて担当医として関わらせていただいた、生きたくても病のせいでお亡くなりになられた患者さんたちのことが走馬灯のように思い出させられ、そのような病にかかってもおらずこれからまだまだ生を享受できる立場の方々に安易に「死ぬ」とはいっては欲しくないのですが、御本人にとっては切実な問題でありついそのような言葉がでてしまうのも理解はします。 ただ言われている医師側にとっては甘えてくださっているのか脅迫のようなものなのか理解を間違えばお互いとんでもない方向に向かっていく可能性がある言葉なので言葉を選んでいただければより幸いです。

本件に関しては術後まだ一か月でありまだまだ腫れている段階で落ち着くまでに2~3か月、最終的な仕上がりまでは半年を要します。

骨膜下リフトは お顔をいったん骨から外して持ち上げます。 しかも今回は同時に目の下のたるみも除去し、ミニリフトでSMASも操作し、顎下もアキュスカルプレーザーにて操作しているのでお顔全体が当然腫れます。 人相も変わります。
劇的な効果が得られる反面、落ち着くまで時間を要する点をご理解いただければと願います。


あとから看護婦さんに「そういえば気になっていることばっかりいっちゃったけど変化して感謝している面を多々あるのにそれを先生に伝え忘れたからお伝えください」とおっしゃっていましたと報告を受けました。

少しほっとしました。  ありがとうございます。

必ず日にち薬でよくなりますから落ち着いて 最終的な結果を楽しみにして時間の経過をまっていただければと思います。


またの再診をお待ちしております。
[PR]
by shirayuribeauty | 2013-12-15 23:22 | 美容外科
<< レーザー鼻尖縮小術 たれ眉形成術、眼瞼下垂修正術、... >>