ミラクルリフト 術後2週間  脇山先生
今日は1953年に日比両政府がフィリピンのモンテンルパ刑務所に収監されていた日本人戦犯106名の減刑・釈放に合意した日になります。

ああモンテンルパの夜は更けて という歌を知っていますか?

この歌はフィリピンの日本人B級戦犯死刑囚により作詞作曲され、歌ったのが「支那の夜」や「何日君再来」などを歌った渡辺はま子氏になります。

1952年大東亜戦争終戦後7年も経過し、サンフランシスコ講和条約から1年もたって、A級戦犯も免責されんとしている時、まだ異国で処刑されていくBC級戦犯がいました。その異国の一つにフィリピンがあり日本人戦犯はモンテンルパ刑務所に収監され処刑されていっていました。

渡辺はま子氏は「ああモンテンルパの夜は更けて」のレコード化に奔走して、遂に大ヒットさせました。これにより、自分の生活に追われていた日本人の多くがフィリピンにおける同胞の悲愴な現実を知ることとなり、集票組織の無かった当時としては異例の、500万という助命嘆願書が集まりました。


1952年年12月24日、歌手・渡辺はま子氏のこの歌がモンテンルパの刑務所の中を流れました。40度を超す酷暑の中で、渡辺はま子氏は振袖を着て歌いました。この歌が流れると会場の中からすすり泣きが聞こえたといわれています。会場にいたフィリピンの元駐日大使デュラン議員が、当時禁じられていた国歌「君が代」を「私が責任を持つ、歌ってよい」と言った為、全員が起立して祖国日本の方に向い歌い始めましたが多くの人は泣いて声が出ず、泣き崩れる者もいたとされています。

しかしこの「ああモンテンルパの夜は更けて」のメロディーがそれを聞いたフィリピン大統領のキリノ氏の心を動かし日比両国の日本人戦犯106名の減刑・釈放合意につながりました。 

フィリピンは1898年6月12日独立宣言するも米比戦争で60万人のフィリピン人がアメリカ人により無残に虐殺され1946年7月4日に米国から独立の承認を得るまでに実に50年近くの歳月を要した国になります。





本日ご紹介の患者さんは頬のたるみ改善目的にミラクルリフトを脇山先生の執刀にておうけになられました。


左:術前です。              右:術後約2週間再診時です。
d0092965_23285245.jpg

御感想は満足(5/5)と順調な経過です。 またの御再診をお待ちしております。



先日脇山先生がお心遣いをいただきました。
d0092965_23303673.jpg

ありがとうございます。 どうか御気を遣わないでください。




脇山先生は一身上の都合により脇山先生の許可した方々のみ手術のご相談、ご依頼をお引き受けすることとなりました。



今まで私が裁判を経験したのは2件になります。
私の信条としてはとらぶるは第三者に立ち会っていただき解決すべきでありかつきちんと税金をはらっている一国民として裁判所で裁いていただいきたいという思いであり 申し立てをされた案件はすべてADRまたは裁判での解決をお願いしています。 医学的なことは医師として私が責任をもってお話しをさせていただき法的なことは裁判官に判断していただこうと考えいままで弁護士をたてたことはありません。

1件は例の某准教授(現在退任し開業医)がらみの裁判でありもう1件が脇山先生に心労をかけることとなった1件です。

別の1件とは・・・

脇山先生のカウンセリングをうけたある患者さんが手術を受けたいとご希望されましたが当院としては手術適応にないと判断しましたので最終的に私の判断で手術のご依頼を丁重にお断り申し上げましたが患者さんとしては「手術をうけれないのならカウンセリング料金を返せ!」とのご主張でした。

当方としてはカウンセリング料金は手術適応の有無の判断も含めた診断も含めたカウンセリングに対する費用のため手術のご依頼をお引き受けできないとの判断になってもカウンセリング料金はご返金できない(ゴネる方のみ返金すれば他の患者さんとの差別にもなるため)という旨を何度もお伝えしましたがご納得されず、最終的に「手術を受けれなかったことに対する精神的慰謝料を支払え」という裁判になりました。

脇山先生はこのようなうるさい方にはご返金をして静かに日々の仕事をされたいというお気持ちがおありのようでしたが私は私の事業は金儲けではなくより健康的で明るく公正な社会を建設していく社会事業であるとの信念よりきちんと裁判にて結論を出すのが世のため人のため かつ関係者への人間教育となると考え裁判での解決を望みました。

最初 患者さんは脇山先生を相手として訴訟を起こしてきましたが裁判所には今回の原因(手術のご依頼をお引き受けできないという判断をした)のは私でありかつ私が総責任者とのことで被告の変更をお願いし認められたため私が裁判所に出頭しました。

500円の費用を払い法廷にはいると私とは初めてお会いする患者さんと裁判官を挟んで対峙する位置で着席しました。

「当院にせっかく御来院された患者さんには申し訳ないがこちらにも理があると信じる以上それはそれで主張させていただきます」と心の中で対峙する患者さんに一礼し裁判開始となりました。


相手の主張としては「手術を受けることのできなかった精神的損害に対しウン十万円支払え」とのことでした。お互いの主張を裁判官が聞いた後 片方が退室を促され裁判官と話をする時間が設けられました。
「まあ クリニックの評判にも関わるし○万円程度で示談したらどうですか?」

私は思わずズッコケました。

私は医師に手術適応の有無を判断する責任があると思いますが 「患者さんが手術しろ 」と主張してそれに従わなければならないと裁判官が判断するのならそれはそれで日本国の判例としてだしていただくのは納得はいきませんが悪法も法なりで受け止めます。 legal based medicineとして日本国の医師としてそのような医療をしなければならないのか否か重大な問題を含む本案件が私の「クリニックの評判」(そもそも私のような一無名美容外科医には無縁ですし匿名のインターネットの世界では罵詈雑言をあびせられたりしています)ごときで左右されてしまうような提案が裁判官からなされたことに戸惑いを覚えるとともに「裁判官さんも気を遣ってくださったのだな」と心を持ち直し「医学界のみならず今後の日本社会のためにも御判決でお願い申し上げます」とお願いしました。

今度は私が退出する番となり次に呼び出されるまで日本の医療についていろいろ考えさせられました。

両者が呼び出され判決が言い渡されました。
「原告の請求を棄却す。 理由・・・・」

勝訴ですがうれしくも感慨もありませんでした。
「これでおしまいですか!!」と食い下がる原告に対し「おしまいです」ときっぱりおっしゃった裁判長の姿を眺めながら「原告も私も裁判長もなんだか不毛な時間を費やしてしまったな・・・   人生ってこんな風にすぎていくのかな・・・」と整理しきれない頭の中でぼんやり思っていました。


勝訴しても脇山先生のお心にかけた負担は相当なものだったと思います。 
脇山先生は非常に丁寧で着実な手術をされる素晴らしい美容外科医です。
そのような脇山先生の能力を完全に花開かせて差し上げることのできない自分の不甲斐無さが情けない限りです。


色んな事が積み重なり脇山先生はしばらく診療ペースをセーブされることになりました。
よって脇山先生で手術をご希望をされる患者さんはカウンセリングも手術も脇山先生がお引き受けできると先生がご判断できる方のみしかご依頼をお引き受けできないことと再診やアフターケアは私伊藤が担当になるかも知れないということをご理解の上ご希望であれば診療申し込みしていただければ幸いです。


いつか脇山先生のような素晴らしい先生がきちんと働けるようなクリニックづくりをすることを私は目標として頑張っていきたいと思います。
[PR]
by shirayuribeauty | 2013-07-06 23:25 | 美容外科
<< 頬骨再構築術後約4か月 鼻翼基部プロテーゼ(ほうれい線... >>