鼻中隔軟骨短縮術(鼻柱挙上術)
本日ご紹介の患者さんは下に下がった鼻柱部分が気になるとのことでそれを拳上する目的にて鼻中隔軟骨短縮術(鼻柱挙上術)をお受けになられた患者さんです。


左:術前です。  中:患者さんが指で示した希望拳上具合です。   右:術後約2週間再診時です
d0092965_2038227.jpg

今回ご紹介の患者さんは他の手術(人中短縮術)も同時にお受けになられているので鼻下に赤味を認めますが本来この手術はキズは外からはわかりません。御感想は「ふつう(3/5)」ということでした。
またの御再診をお待ちしております。
[PR]
by shirayuribeauty | 2013-08-23 20:33 | 美容外科
<< 人中短縮術(クローズ法) 鼻中隔延長術、鼻尖縮小術、鼻プ... >>