眉骨削り、 頭蓋形態修正術(額~頭頂部にかけての骨削り)Ⅱ
今日は1281年に二度目の元寇(げんこう)再来いわゆる弘安の役(こうあんのえき)にて博多湾に台風が吹き荒れ元軍が壊滅した日になります。

この出来事で日本では「神風」の存在が広く信じられ大東亜戦争では神風特別攻撃隊として護国の最期の戦法として名づけられました。


また今日は同時に大東亜戦争末期の1945年 に日本の伊号第五八潜水艦がアメリカの巡洋艦インディアナポリスを撃沈した日になります。

このインディアナポリスは1945年7月26日にテニアン島へ広島型原爆「リトルボーイ」を運んだ船でした。上部組織の命令で原爆を運んだ船、原爆を落とした飛行機、そしてその搭乗員達を憎んでも意味がないことは百も承知ですがそれでも一般市民の頭上に原爆が落とされたということは看過できません。  伊号第五八潜水艦に永遠の栄光あれ。


本日ご紹介の患者さんは眉骨の出っ張りが気になる、頭の形態が気になるとのことでカウンセリングの結果眉骨削り、 頭蓋形態修正術(額~頭頂部にかけての骨削り)をお受けになられた患者さんです。


後頭部に冠状切開をzigzagにいれ眼窩上縁部分まで頭皮を反転し眼窩上縁~眉骨、 額~頭頂部にかけて骨削りを行いました。

左:術前です。   右:術後約10日再診時です。
d0092965_3301537.jpg

術後5日でみられた顔面下部の腫れも落ち着き眉骨のでっぱりと前頭部の凸は改善しています。 ご感想は「目つきが優しくなった」ということで「満足(5/5)」と順調な経過です。
d0092965_3303292.jpg

またの御再診をお待ちしております。




頭蓋骨削り 冠状切開法 のリスク
1.挿管全身麻酔による麻酔トラブルのリスク (一般的に全身麻酔は約7万件に1件の死亡事故確率が報告されています)
2.出血  (当院では開院以来 他家輸血を必要とした手術例は幸いいまだありません)
3. 頭部のキズ  (毛髪をかき分けるとわかる可能性があります)
4.前頭部の痺れ (通常数か月で治癒します)

冠状切開法の長所
1.最少切開法と比較しより正確な手術操作が可能
2.範囲を広く骨を削ることができる
3.骨セメントやアパタイトによる頭蓋形成も同時に可能



冠状切開法にて頭部の骨を削る場合はこれらのリスクと長所を熟慮し手術をご依頼なさるか否かご判断くだされば幸いです。

頭蓋削り最小切開法は静脈麻酔下でキズも1cm程度で施行可能ですが削る範囲や削ることのできる量が限定されますので術前によくご相談ください。

追記記事 20131201

先日お心遣いをいただきました。
d0092965_2156109.jpg

ありがとうございます。 どうか御気を遣わないでください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2013-07-30 23:03 | 美容外科
<< 下顎骨スティック骨切術 、 頬... 額 脂肪移植 術後約3週 >>