切らない眼瞼下垂修正術、涙袋ヒアルロン酸分解酵素注射
今日は第三次日英同盟が締結された日になります。
1923年8月17日に失効するまでの間、日本の外交政策の基盤となりました。

また今日は1948年に優生保護法が公布された日になります。
この優生保護法により1964年に後に裁判所が求めるところの十分な診察を行わずに性転換手術(性別適合手術)を行った産婦人科医師が1965年に優生保護法(現在:母体保護法)違反により逮捕され、1969年に有罪判決を受けたいわゆるブルーボーイ事件がおきました。 これにより「性別適合手術は違法」というイメージがもたらされ、現在で言うところの性同一性障害に対する手術療法までもが制限される結果を生じました。このため1998年に埼玉医科大学が行うまで、日本国内で正式な性転換手術(2002年に性別適合手術に名称変更)は行われませんでした。

この余波は大きく(現在でも非常に限られた数の施設のみが性別適合手術を行っているため)、現在でも多くの性同一性障害の方々が日本国外で性別適合手術をお受けになられています。




本日ご紹介の患者さんは目の開きを大きくしたいとのご希望にて切らない眼瞼下垂修正術(埋没糸にての挙筋短縮術)と、他院でお受けになられた涙袋ヒアルロン酸を分解酵素にて分解希望されヒアルロン酸分解酵素注射術をお受けになられた患者さんです。


上段:術前です。
下段:術後約3週間再診時です。
d0092965_132168.jpg

涙袋のヒアルロン酸は分解吸収され、切らない眼瞼下垂修正術により目の開きは大きくなりご感想は「満足」と順調な経過です。



切らない眼瞼下垂修正術(埋没法眼瞼下垂修正術) の欠点
・術後は開瞼量の拡大に伴い重瞼幅が狭くなるので後日理想の二重幅を得るために重瞼術が必要になることがあります。
[PR]
by shirayuribeauty | 2013-07-13 23:29 | 美容外科
<< アキュリフト(頬)、Vラインリ... 頬骨アーチリダクション、頬骨前... >>