顎先骨切術、頬骨アーチリダクション、顎下脂肪吸引、アキュリフト、エンドタインロアーリフト
本日ご紹介の患者さんは顎先骨切術、頬骨アーチリダクション、顎下脂肪吸引、法令線上及び口角横アキュリフト、エンドタインロアーリフトを同時にお受けになられた患者さんです。


顎と頬の輪郭の同時手術に加えてロアーリフトは腫れが強くでて気道閉塞等のトラブルにつながりかねない(気管切開等の必要性)ので危険、 また2か所の骨切輪郭手術と同時のリフトは腫れにより引き上げが困難になるため期待できる効果は弛みの発生予防程度で引き上げ効果の期待は難しい故お勧めできませんとお話しさせていただきましたが患者さんの強いご希望にて同時手術のご依頼をお引き受けすることとしました。


上段:術前です。
下段:顎先骨切術、頬骨アーチリダクション、顎下脂肪吸引、法令線上及び口角横アキュリフト、エンドタインロアーリフト術後約3か月再診時です。
d0092965_23433100.jpg

ご感想は「リフトはまだ残っている感じがします。まだ上がると良いのですが・・・・。頬骨もできればもっと削りたかったですが「もうちょっと」と本人は思うものだと思うので他人からみたらちょうどよいのかも知れません。ていねいに手術して頂きありがとうございます。」とのことでした。

輪郭手術の完成は約半年後になります。 まだこれから引き締まっていきますが半年経てもまだ気になるところがありましたらご遠慮なさらずご相談くだされば幸いです。

またの御再診お待ちしております。



先日お心遣いをいただきました。
d0092965_415055.jpg

ありがとうございます。 
どうか御気を遣わないでください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2013-07-08 23:28 | 美容外科
<< 他院形成外科教授頬骨アーチリダ... 頬骨再構築術後約4か月 >>