他院耳介軟骨採取後耳変形に対する修正術
本日ご紹介の患者さんは他院にてフェイスリフト および 耳介軟骨採取による鼻整形手術をおうけになられた既往のある患者さんです。

フェイスリフトのキズ痕が直線的で目立つのが気になる および 耳介軟骨採取による耳変形が気になるとのことで 前医にての治療をお勧めするも当院での加療を強くご希望されたため今回はまず耳の変形を治すこととしました。


前医に以前相談したことろ「そのうち治るよ」といわれて数年経つが治らなかったとのことでした。

軟骨変形はほっといても治りません。

左: 術前です。         右:術後約1週間再診時です。
d0092965_22471082.jpg

まだ腫れてはいますが気になっていた耳の変形は治りご満足と順調な経過です。


同様の形態の変形をその先生の執刀患者さんでたくさんみます。
後医は名医ということわざもありますが個人的には患者さんが後で悩み苦しまないように耳の変形をおこなさない箇所から軟骨採取をしていただければと思います。



先日お心遣いをいただきました。
d0092965_22533215.jpg

ありがとうございます。 どうか御気を遣わないでください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2013-06-21 22:47 | 美容外科
<< つり目形成術 術後1年 目の下のたるみとり  :切開法 >>